シェイクが椎間板ヘルニアを発症した時。

とにかく不安で不安で、ここんとこ全然開かなかったパソコンを開き、
片っ端から読み漁ったのが、実際にヘルニアにかかったワンちゃんのブログを書いている人の記事。

動物病院の記事とかもいろいろ見たんだけど、
やっぱり一番ためになったのが、実際飼われているわんちゃんの様子をブログにされている人の記事だった。


今から3週間前に「グレード4」の重度のヘルニアを患ってしまった我が家のダックス13歳♂・シェイク。

同じ病で悩んでいる飼い主さんの参考になればと思い、
発症時の様子から事細かく、順に綴って記録していこうと思います。



**********

【2019.5.11 土曜の夜】

いつものように夫がシェイクを散歩に連れて行き、戻ってきたら。

なんだか全く動かない。

かと言って、なんかしんどそうな、辛そうな顔をしているわけでも無い。

高齢なこともあり、もう2年ほど前から散歩自体「別に行きたくなーい。寝ていたーい。」
っていう子だったので、帰ってきて即寝も当たり前。

おーいシェイクー。どうしたー?

↑↑↑

こんな感じで特に悲壮な感じでもなく、軽く声かけたりしていて、私はソファーで寝転がってテレビを見ていた。


そこから暫く経ってもシェイク、動かず。






ん?
・・・・なんか様子がおかしい??←ようやく何か異変に気がつく。


その頃、やっと動き出した。

お水を飲みに歩いて行った。

・・・が、その歩き方がおかしい!後ろ足がふらふらだ!




これはもしや、ヘルニアの再発??と、この時すぐに思った。

約1年半前に初期のヘルニア(グレード1)に罹ったことがあるシェイク。

その時は抱っこをすると「キャイン!」と鳴いてどこかを痛がる感じ。でもそれがどこかは分からなかった。
足自体には異変は無かったので「何??どうしたの??」という感じだった。



今回はその「キャイン!」が無い。

夫曰く、散歩の時もいつもどおり。何もなかった。と。



むむむ・・・。
ヘルニアって、痛いんじゃないの?
なんで今回は鳴かない???
むむむ・・・。


後ろ足ふらふらだけど、歩くのは歩いてる。
トイレも普通にできている。


ヘルニアでは無い?の・・・?



もやもやしつつも、とにかく夜なので翌日病院に行くことに。

いつも行っている病院は結構大きな病院で医師が12名程いて、予約が必要なところ。

シェイクの担当医を指名しての診察で、一番早い時間が16時。

うーん・・・遅い・・・。
もっと早く連れて行きたいけど、仕方がない・・・


16時で予約を取る。




何か様子がおかしい。と思うものの、
しんどそうでも無いし、顔もきょとーん。と、いつもどおりのおとぼけさん顔。

とりあえず今日は寝ようかシェイクさん。



************

これは今回のヘルニア発症の数日前に撮影した写真。

190601a
/よいとせーのー、\







190601b
/こらせー\





安定のケツもも族。





190601d
ここはシェイクの大好きな場所。






このつるピカな背中に、
190601c
数日後にメスが入るなんて思いもせず・・・








病院予約の翌日、あんな状態になるとは思いもせず・・・






つづく


↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ



↓読者登録してくれたら嬉し。↓