ご存知のとおり。
こちらでブログを始める前は、アメブロでやっておりまして。
4ヶ月しかやらなかった旧ブログ(Cheers!!) はもうすっかり埋もれてしまったんだけど、
その前の古い方のブログ(SANAとわんことうちごはん。)のほうが、いまだに沢山の方に見にきて頂いていますようで。
主に、というか、ほぼストウブ関連の記事を。

こちら・ライブドアブログは過去ブログの持ち込み引越し(インポート&エクスポート)を全くせずに新たに一から始めたのですが、
いまだにアクセス数の多い過去ストウブの記事を数記事、ここに再掲載していこうと思います。


若干訂正or書き足しもあるかと思いますが、ほぼ同じ内容の記事です。

*************

まずはこの記事。
「SANAと~」のブログで、いまだに常にアクセス数トップ5内にあるこちらの記事からどうぞ。

【ストウブで白米炊飯を極める。】


(※追記)まだココットdeゴハンが販売される前の記事です。


↓↓以下、そのまま過去記事転載です↓↓
_____________________



初ストウブ購入から約1年4ヶ月。買った鍋の数、たぶん25個。(わからん。もうわからん。)

そんなストウブが威力を存分に発揮してくれるもの。それは炊飯。

これでご飯を炊くようになってから我が家の炊飯器は一切出番が無くなり、そして物置き場となり、そして捨てられ。
サヨ~ナラ~。

そんなおいしいおいしいストウブご飯を更にいろいろ試行錯誤・研究しまして。
極めてみました。
ヒロミ流・ストウブで炊くおいしいご飯を。



o0614043213139766158
 ポコポコと蟹穴の開く状態。これがおいしさの目安。




(※注 いろんな方法がありますが、あくまでも私の中でのベスト法です。あと、ガスコンロ使用です。IHでは時間配分が若干異なります。)


ストウブ18cm使用】 
・米2合 
・水360~380cc(極力冷水で。)


1:米を洗い、ざるにあけて15分。

2:米をストウブ鍋に入れ、水を入れて浸水30~60分。
(急ぎで時間がない時でも、「1」の時間は守ったほうがいい。短くするなら「2の」浸水のほうを短くするほうがまし。)

3:蓋を1cmほどずらして開けた状態で火にかける。火加減=中強火ぐらい。
(完全に閉めないのは沸騰の“音”を聞こえやすくする為。蓋を全開にしないのは、水分の蒸発を防ぐ為。)

4:「ボコボコボコ・・・」と音が聞こえ、しっかり沸騰したら蓋をして弱火に。(1番小さくしてOK。)
しっかり沸騰=1.5~2cmぐらいの泡が鍋まわりに均等に出ます。1cmぐらいの泡の時はまだ我慢。ちゃんと大きな泡が均等に出てから弱火に。
「ポコポコポコ・・・」じゃなくて、「ボコボコボコ・・・」です。これ大事。

5:弱火のまま9分40秒炊く。

6:そのまま蓋は一切開けず、蒸らし13分

7:蓋をあけ、混ぜて完成。



基本は弱火で「10分炊いて、10分蒸らす。」で覚えるストウブ炊飯。
これでも十分おいしく炊けるんだけど、蒸らし10分では、やや短いかと。蒸らし時間が短いと、鍋肌にいっぱい米粒が残ります。

そこで、13分に延長してみたら無問題。
但し、蒸らし過ぎもよくないので、最長でも15分までに開けて混ぜて下さい。

それから、鍋の炊飯と言えば
『始めちょろちょろ 中ぱっぱ』ですが。

この中ぱっぱを実践すると、蓋から噴きこぼれが起きます。
噴きこぼれ=水分が減る。 ので、特に実践しなくてもいいんではないかと・・・。
弱火だけで十分おいしく炊けます。



そして鍋での炊飯に必要な物=キッチンタイマー。
我が家で使ってるのはダブルタイマー。

DRETEC (ドリテック)ダブルタイマーT-177WTT-177BKT-177RD タイマー/ キッチンタイマー/ キッチン代引き送料は1380円です
DRETEC (ドリテック)ダブルタイマーT-177WTT-177BKT-177RD タイマー/ キッチンタイマー/ キッチン代引き送料は1380円です







【炊飯、失敗したなと思ったら】


ストウブ炊飯で「しまった!やってもうた!!」と思った時の対処法。
以下、全て私の体験談です。


1:沸騰して蓋をしたのはいいけど、弱火にするのを忘れていて途中で気がついた!
 =まずはすぐに弱火にして。9分40秒のところを9分ぐらいにすれば大丈夫。
意外とまともに炊けてます。

2:ぼこぼこと沸騰して、蓋をして、はいタイマーセット・・・。あれ!!タイマー作動してへんやん!
 =この場合は完全に体内時計で「たぶんあと○分ぐらい…。」って設定することになりますが。
思っているよりも短めで炊けてると思います。過去3度ほどやっちまったんだけど、全部炊きすぎてたから。泣
短めで蓋あけて、もしまだ炊けてなさそうなら、再度火にかければいいんです。


3:鍋底が焦げた!!
 =重曹水を沸騰させてそのまま冷めるまで放置。簡単につるんと焦げ汚れ落ちます。

4:どうにもこうにもおいしく炊けない。
 =シーズニングしてますか?特に炊飯用のみの使用をしていると、鍋肌に全然油膜がついていない状態になるので、定期的にシーズニングをすることをおすすめします。

5:シーズニングもしてるけど、おいしく炊けない。
 =もうそれは米自体に問題あり。炊きあがりの艶がないとか、無駄に焦げるとか。だめだこりゃ。お手上げ。






【鍋サイズ別・適応量】

「このサイズで○合まで炊けます。○合までギリギリ大丈夫!」ではなくて、混ぜやすく、適している量を書きます。
(白米の場合のみです。炊き込みご飯の場合は変わってきます。)

16cm・・・1~1.5合

18cm・・・2~2.5合

20cm・・・3~3.5合

22cm・・・4~5合



あとそれから、鍋での炊飯の場合はオーバル(楕円・ストウブの場合は奇数サイズ)よりもラウンド(丸型・ストウブの場合は偶数サイズ)のほうが適しています。



_____________________
以上、2014年1月24日の記事でした。




あくまでも私の中でのベストな方法です。お水の量だったり火加減だったり、好みもあると思いますのでご参考までに。。。


(※追記)
この記事はストウブ18cmココットを使用した場合での記事です。
20cmを使用の場合は炊飯時間10分、22cm使用の場合は10分30秒で炊いています。
 



 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓