p9170222a
*きのこたっぷりヘルシー牛丼
*烏賊トマトブロッコリーの卵白炒め
*白菜の浅漬け風
*玉子スープ





困った時の丼物。

「ええい。献立考えるの面倒くさい。」

そんな時は丼物。
ありがとう、丼物。

冷凍していた牛の細切れがあったはず。
よーし牛丼だ!
と思ったけれど。

牛肉、ちょろっとしか無かった・・・



ので、きのこたっぷり入れて嵩増しにしよう。
p9170222c
牛の割合よりもきのこの方が断然多く、しかもいんげんまで入れちゃって
本家のものとは別物!?な牛丼の出来上がり~。

あーでもこれいい、これのほうがいいわ。 
随分と安上がりで出来るし、随分とヘルシーになる。
かと言って物足りないわけでも無いし。






白菜の浅漬け。

浅漬け。というか、
ちゃんとおかずカウントになる一品。
p9170222d
お漬物ほど漬かり過ぎたものでは無く、
塩揉みで作るスピード料理なんだけど、白菜が「生」過ぎない、
んーと、
んーと、
なんて説明したらいいのかな?とりあえずおかずカウントになる一品、デス。


ポイントは、“ラップ”使い。

お漬物の場合は重石が必要だったり、すぐに食べられなかったりするけれど。

塩揉みした白菜に、
・粉末かつおだし
・かつおぶし
・薄口醤油

を入れて、


p9170222e
ラップ被せて手でぎゅーーーっと押します。
ボウル内全体まんべんなく、ぎゅっぎゅと。


で、そのまま放置すること15~20分。

p9170222f
ハイ、これで完成です。

塩揉みだけでは「生」感が強過ぎるし(←それはそれで美味しいけれど)、
重石するほどの漬物が食べたいわけでも無いし早く食べたいし。
という時はラップ。

ジップロックに入れて空気を抜いて。でももちろんいいけれど。

ジップロック、

勿体無い。



白菜やキャベツとかなら、ラップで十分。

p9170222g
シャキシャキ感はしっかり残り、味も染みてる。
ちゃんとしたおかず一品。





100円台で買えた紋甲いかの下足。
にんにくで炒めて、味付けはオイスターソースのみ。
p9170222h
ブロッコリーとトマトと炒めて、卵白でとじました。



残った卵黄は、
p9170222i
否応なしに玉子スープに。




・・・とまあ、
上記のメニューでよかったんだけど、更にもう一品。

甘海老のお刺身。


この時から甘海老のお刺身に目覚めたオッサン娘。

「甘海老甘海老甘海老食べたい甘海老温泉行こ甘海老食べに温泉行こ甘海老」

この日以降、まるで何かの呪文のように、甘海老連呼する娘。

でもねー、やっぱ売ってないんだよね、こっちのスーパーでは。
お頭付きで、いかにも新鮮な甘海老って。

皮剥いてあって行儀良く並べられた、小さなか細い貧相なのしか売っていなくて。
「これじゃない!!」ってオッサンは言うし。




それが、近所のスーパーで売っているのを発見しまして。
p9170222j
お頭付きで、サイズも大きめじゃん~。
オッサン思いの母、迷わずカゴへインしましたよ。

娘、一人で9尾食べて。
「もういい加減海老ばっかりやめなさいー!」って、母ちゃんストップ入りーの。
(ちなみに私は一尾も食べず。今の腹に生物はキケン。)






p9170222b


昨日今日とすこぶるいい天気の我が家地方。

本格的にあいつが舞ってきました、飛んで来ました。


ふわっくしょ――――ん!!







いい天気なので、しこたまシーツ類干してます。
窓も全開です。

今夜はきっと、家の中花粉まみれ。





↓窓閉めなはれ。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓