p170127d
炊飯専用として販売された『La Cocotte de GOHAN』

我が家はSサイズが2個、Mサイズが2個。

これで炊く白米が、ま~あほんとに美味しくて。
特にSサイズ(1合)がべらぼうにうんまい。


が、ちょいと待てよ。と。

ちょいちょいちょい。
ちょいと待てよ。と。

ずーーーっと思っていたこと。

「なんでSとM、こんなに炊き上がりに差があるの??」と。


ということで。
Mサイズの2合炊飯、どうやったらSサイズのようにもっと美味しく炊けるのか、
いろいろ試行錯誤してみました。



『ストウブ ココットdeゴハン。SとMサイズのそれぞれの炊飯方法』

以前に書いた↑この↑記事の時は、
いわゆる普通の「10分炊き・10分蒸らし」の炊き方でしたが。

今回は時間配分が随分と異なります。
いろんな時間配分で、何度も試し炊きした結果、ベストな状態をみつけました。

上の過去記事での炊飯方法よりも、今回書く方法のほうが断然美味しいです。

「MサイズよりもSのほうがご飯が美味しい!」
と思っていた方、是非この方法で一度炊いてみて下さい。


こと細かく詳しく書いていきますので、長くなりますがご了承下さいマセ。


*******

あ、そうだ。
言い訳がましくアレなんですが。

コ、コ、コンロがね・・・
凄まじく汚いです。


10年も経過したコンロ、こんなもんだよ!と大目に見てやってくれるとこれ幸い。汗汗
火加減も載せたほうがわかりやすいので、恥を忍んで火元を掲載しています。
お目汚し申し訳ない!

********

ガス火炊飯での推奨です。
IHはよく分かりません、ごめんなさい。。 



p9170502a
まずは沸騰まで強火で。

「強火」というのは、コンロの火を目一杯大きくすることではありません。
使用している鍋の底径に合わせた火力となります。

鍋肌を上に昇るように側面から火が出るほど大きくしても、沸騰の速さは変わりません。ガス代が勿体無いだけです。

↑これ↑は3口コンロの手前で撮影しましたが、


p9170502f
本来は↑1番小さい口↑で炊いてます。
鍋底全体に火が渡っている、『強火』の状態。




p9170502b
沸騰するまではこれ位、少しだけ蓋を開けておきます。
1cmも開けると開け過ぎです。(極力水分が蒸発しないように。)

開ける理由=沸騰する音を聞く為。

で、沸騰したら火を弱めるわけですが。

※ここが重要ポイント!!
沸騰の状態をしっかりと見極めること。 

ちゃんと沸騰していないと、炊き上がりに随分と差が出てきます。


↓この状態↓はまだまだ。
p9170502c
大きな泡は出だしたけど、泡と泡の間がまだまだ静かな状態。



↓この頃↓で「沸騰した?」と、思いやすい頃。いやでも、まだです。
p9170502d
泡と泡の間が、まだ平らで静かなところがあります。





↓これ↓が「沸騰」状態です。
p9170502e
まわり全体に泡が出ます。そして「ボコボコボコ」と音が大きく、勢いよく泡が踊るように出ます。



以前まではこうなったら、蓋をしっかり閉めて「弱火で10分炊き」にしていたのですが。




「中強火」で炊きます。
p9170502g
中強火。
まさしく中火と強火の真ん中ぐらい。底径でいうと8割ぐらいの火。

この中強火で、1分30秒炊きます。




1分30秒後、
p9170502h
次は弱火にして7分炊きます。

7分経過後は、蒸らし10分で完成です。


**********


この炊き方で炊くようになってから、ご飯の“ツヤ”と米粒の“大きさ”が格段にかわりました。


これ、炊き上がり直後の画像。
p9170502l
 うーん。上手く撮影できない腕の無さが残念極まりないんだけど。
炊き上がって蓋を開けた瞬間、Sサイズで炊いた時のように、ツヤツヤになったんです。

そして、以前までは底のほうにいけばいくほど、ツヤ感は無いし、なんだか米粒が小さい感じ・・・
それに、なんだか底のほうはお米が固い。っていうことがよくあったんですが。


↓これ↓、ぐりんと底からしゃもじで引っくり返したところ。
p9170502m
だからカメラの腕。笑
腕が上手すぎて画像では全くもってお伝えしきれませんが。

固くなってる感じもないし、ふんわりツヤツヤに炊けています。



沸騰後、
1:中強火で1分30秒
2:弱火で7分
3:蒸らし10分


うーん。「面倒くさい…」って思ったでしょ。思ったでしょでしょ?

大丈夫。面倒クサガール代表の私でもできてるから。
これがあったら大丈夫。


ストウブ炊飯をするようになってから、常に使っているこのキッチンタイマー。
p9170502i
ダブルタイマー。

もうこれね、ほんっとに便利で。
ちょっとしたことなんだけど、これはほんとに手放せないキッチンツールのひとつです。
単品のタイマー使うのとでは全然違います。楽!

お鍋炊飯するには必須ですよ。




キッチンタイマー【メール便可:送料¥164】「ダブルタイマー」T-177【ドリテック・防滴仕様・デジタルタイマー・クッキングタイマー】
キッチンタイマー【送料¥164】「ダブルタイマー」T-177【ドリテック・防滴仕様】




しかもこれ、すごーく薄くて。
p9170502j
 もちろんマグネットもついているんだけど、表には出しておきたくない私は、





p9170502k
キッチン振り向いたらすぐ後ろにあるカウンターの引き出し内に収納。
100均の仕切りのついたかご内に入れています。
薄くて嵩張らないから、収納もしやすい~。

しゃもじもここに入れているので、家事導線はばっちり!


********

ココットdeゴハンで炊く白米。

「Sのほうがおいしく炊けるよ!」ってここでもずっと言ってきましたが。
もう大丈夫、Mでの2合炊飯もこの方法で大丈夫^^


どうぞ一度試してみて下さい♪


↓おいしいご飯が食べたいぞ♡のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓