カテゴリ:■STAUB料理 > ├ストウブ和食

p9170616a
*秋刀魚の開き干し
*豚と大根の照り煮
*豚汁
*和風トマたま炒め
*もずく酢




胃腸老衰で過ごした東京3日間でしたが。
最終日のおひとり様満喫デーは、とうとう何も食べず。でした・・・。

朝にロイ○ホ(伏せろ)でアイスコーヒー飲んだ以降は、伊丹空港に着いてから食べに行った、20時頃のくら○寿司で食べた5皿が最初。


なんなんだこのデリケートさ。泣

家に戻ってからもまだ不調が続いていまして。
以降、ほんっとに地味。まさに地味っていうご飯続きです。




↓これ↓は帰ってきた翌日だったかな。
p9170616i
日本海直送の干しハタハタ。
発泡スチロールに入ってるだけでテンションあがって買ったやつ。

実際、甘みがあっておいしかった~。
やっぱ日本海の魚は最高だねえ。





東京旅でまるこさんに頂いた干し海老は、
p9170616j
だしを取ってあっさりにゅうめんに。




そして同じくあきさんに頂いた浅漬けの素。
p9170616k
病んだ胃腸に優しくおいしい。




そして、冒頭の写真。
ハタハタに続き、秋刀魚の開き。

もうね、ほんとに地味がいい。ちょうどいい。病んでるね。病んでますとも。


そんな秋刀魚の開きって。写真撮るの難しくない?
魚の中でも断トツで撮りにくい。長いんだよてめえ。

なので、
秋刀魚をカッコよく撮って見たらこうなった。

なんか、
“やる気満々”の秋刀魚になった。 










p9170616b
何この写真。






p9170616c
大根と豚のてりてり煮は、ストウブブレイザーで。
煮物系はココットよりも、底面積の広いブレイザーを使うほうが絶対いい。





p9170616d
豚汁は2日目。連日地味。






p9170616e
トマたま炒めは麺つゆを使った和風仕上げ。







p9170616f
このもずくも、ハタハタと同じく発泡スチロールで売られていたもの。
太めでしこしことしっかり歯応えのある、美味しいもずくでした。





ご飯はもちろんストウブココットdeゴハンで炊飯。
p9170616h
Mサイズ・2合炊飯でも、おかげさまであの炊き方で毎回ピッカピカ炊きです。

おっと。今これ書いていて気がついたわ。
「この新・炊き方でするとふきこぼれる」とのお声を頂いていて、それの対処法の記事をまたアップします!
って言っていたわね私。

すこーんと忘れていたわね私。

はっはっはっは

また近々書きます!
今度こそ本当に。待っててえ~~~。




p9170616g

娘が「お肉食べたいな~」って言い出したので。
今夜は頑張ってがっつり系にしましょうかしら。 

で、またうん○こ出なくなる・・・。



↓だから伏せ字!のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓





う○んこ?








p9170608a
*鶏のピリ辛スタミナ焼き
*野菜サラダ
*じゃがいもとベーコンのころころソテー
*結びこんにゃくのおかか煮
*大根とわかめの味噌汁




とんかつだった前日に続き、2日連続で肉料理。それもがっつり系。


なぜならば、
p9170607d
千切りキャベツを、大量に切り過ぎていた為。

このあまっていた千切りキャベツに、人参と胡瓜の千切りも追加増量しまして、と。


ご飯がすすむっていうのもだけど、
ビールがすすむっていうのもだけど、






p9170608i
キャベツがすすむ、こってり&ピリ辛おかずにしよう~。



とか言いながら。
最初は『鶏の生姜焼き』にしようと思ってました。
ええ、いたって普通の、ノーマルな生姜焼きに。

p9170608c
生姜焼き用に作ったタレに1時間ほど肉&新玉ねぎを漬け込んでおき、ストウブブレイザーでじゅわっとな。

でもここで、変えたくなって。
「ああ。今、生姜焼きっていう気分じゃないな。プシュ。」
って思って。

「ああ。辛いの食べたいな。ぐびぐび。」
って思って。


「ぷはー。やっぱビールうめえな。」
って思って。




暑くなってきてキッチンドリンカーとなった今、

p9170608d
立ち飲み料理しながら、辛いのつまみたくなったんだわ、うん。


にんにくの擦りおろしと、豆板醤をばーんと追加。
ばーん。です。
あんまり辛そうに見えないけど、ばーん。

そして照りが出るまで煮詰めたら完成~。





p9170608h
ごいごいぷはー♡


ややや、そうじゃなくて。
キャベツだよキャベツ。キャベツ合うよ、合う合う~♪

濃い味のお肉と、さっぱりキャベツをドッキングして口の中へ。

そしてごいごいぷはー♡←やっぱここに辿り着く





買い物行っていないので、その他副菜は簡単に。
p9170608f
じゃがいもとベーコンのころころ焼きは、
昆布茶と薄口醤油を入れた和風仕上げ。

長らく冷蔵庫にいた結び糸こんにゃく。
賞味期限見て一瞬顔面が3cmほど後方に動いた。即席でおかか煮に。





p9170608g
ビールがうんまいご飯でした。

じゃなくて、キャベツね、うん。キャベツおいしかったよ。



*********


今月は「冷蔵庫整理&食費削減月間」
と勝手に銘打ち、極力スーパーに行かないようにしよう!な日々を続けていまして。

家計簿なんてつけていないので、一体食費にいくら使ってるのか全く不明だったんだけど、
先週の1週間、頑張ってつけてみました。

と言っても、簡単にカレンダーに食費のレシートの金額を記入していくだけです。



7,500円


でした。

ははは。分からない・・・。
これが多いのか少ないのか分からない。汗汗

今まで週5回ぐらいは、暇つぶしにスーパー行っていた私にとっては
随分頑張った金額だと思うんだけど、どうなんだろう??


・夫は弁当持参
・休みの時はお昼ご飯も作らないといけない
・夜勤の時の娘と私の2人ご飯は、餌レベル



やっぱ5,000円ぐらいに抑えないと、「節約した!」って胸張れないかしらね??

いや~、5,000円はキビシーなあ~。
それはできそうにないわあ~。



↓そりゃ厳しいぞ。と思ったらポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ



↓読者登録してくれたら嬉し。↓



家計簿をつける・・・。

三日坊主代表選手だわ。表彰台狙えるレベルだわ。


よーし。東京オリンピック狙うか。








娘と2人のよるごはん。とんかつー。

2人の時はいつも残り物や手間のかからない超簡単おかずで済ますんだけど、

p9170607a
この日はちゃんと食べる前に揚げました。いやあ珍しい。

お昼に夫の夜勤弁当で豚カツ揚げたのでね、2人用にも衣つけて揚げるだけの状態にしておいたので、
ああ、お昼の自分、グッジョブだなと。


私はおろしぽん酢、
娘はソースで。



とんかつ、すっごい久しぶり。
前回がいつだったか全く記憶にない。

ramさんのとこで見てからすっかりとんかつ口になってしまったのでね。

私信:ramさーん。昨日はほんと、いろいろありがとうね~♡





p9170607b
ミートハンマーでがんがん叩いたっていうのもあるけれど、
っっっくりするほど薄いお肉。





p9170607c
そんなぺらぺらわら草履薄いお肉でも、ストウブで揚げればふんわりサクッとな。

ほんと薄いのでね、揚げてる時間1分もかかってない。笑

夫の分のお弁当は2枚重ねにして揚げました。




薄いとは言え、娘にはまだ1枚全部は多いかなと思って少し減らしてたんだけど、
p9170607d
「とんかつもっとぉぉぉ~!」
と言って、結局1枚分ぺろりとな。

私はキャベツもっとぉぉぉ~!で、追いキャベツもーりもり。



**********




この時に熱く語った、作山窯のオーバルプレート。



SAKUZAN 作山窯 Sara オーバルプレート L
SAKUZAN 作山窯 Sara オーバルプレート L



↓こんなカラフル↓な色合いのが、実店舗で5月までの期間限定で販売されていたんだけども、今は定番の4カラーのみの販売に戻っていて。
p9170416g

が、こちらのショップで全色ではないけれど、限定カラーが販売されています。



↓これはネイビーだけど、7色販売されています↓
SAKUZAN/Sara/作山窯/オーバルプレートL【楽ギフ_包装】
SAKUZAN/Sara/作山窯/オーバルプレートL





実店舗に行けなかった方は是非チェックしてみて下さーい♪

私も見てたら違う色欲しくなってきた・・・


↓もうやめときなはれ。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログへ



にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



散財は止められない。病気でーす。←開き直った








お昼以降、わちゃわちゃと忙しくしていた昨日。

「今夜は外食だな。」
と、いつもの悪魔がほくそ笑んでいましたが、昨夜は打ち勝ちました。
よーしできる子。

時間が無いから、バッタバタのご飯作りだわ!
ぱぱっと出来るもの!
と思いながら。

無性におでんが食べたくなりまして。


ばっかじゃないの!?ってね。
時間が無い。つってんのに、おでんですってよ。



p9170606a
ストウブ18cmで、ちんまり炊き。

ほんとに時間が無いので、いわゆるおでんよりも品数はかなり少なめ。
・大根
・こんにゃく
・しし丸ちくわ(←これ通じるの何歳位の方までなんでしょう?笑)

たったのこれだけー。

大根とこんにゃくは早く味染みになるように小さめに切って。
ちくわなぞ、ほっとけば勝手に染みてるし。


と、あとは玉子。

だから、時間が無い。つってんのに、おでんに玉子入れるとかどうよ!?!?


そんな時はこれ。

 テレレテッテレー(あの猫型風)


p9170606b
うーずーらーたーまーごぉー (あの猫型風)



うずら卵なら、あっという間に味染み染み。

あのおでん玉子が、すぐに染み染みで食べられるのです。



「なんだよふざけるなよ。」
って思った人ごめんなさい。

「期待して見てしまったじゃないか。」
って思った人ごめんなさい。











うーずーらーたーまーごぉー 








若干ふざけています。





p9170606c
びびる画づらの悪さですが。
昨夜はこれだけしか撮影しておりませぬ・・・




さあ~月曜日ですよー。
天気もよく、清清しい今朝。

掃除しているフリでもしてきまーす。



↓掃除なんてフリで十分だ。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



掃除してくれる猫型ロボットが欲しい。



昨日の記事の続き。お昼ご飯。


p9170603b
ストウブ小鍋達で作った地味なおかずを、ワンプレートでいただきまーす。

そんなワンプレートはこちら。
 ↓↓↓






p9170604a
ワンプレートどこー。

前夜のチーズペンネグラタンの残り。
「残り」というか、お昼ご飯用にあえて多めに作ってますけどね。テヌキテヌキー

この浅型の容量少ないほうのストウブレクタンが、お昼ご飯にちょうどいい。





あまりの大きさにずっと買おうかどうしようか悩んで、ようやく決心して買ったコストコ「カークランド」の、巨大な塊のモッツァレラチーズ。



大きな声では言えませんが、
p9170604c
な、なかなかの大味ですな・・・
やたら伸びまくりで、ゴム食ってるみたいだ・・・

チーズのコク、どこ・・・


すごく伸びるので子供ウケは間違いないと思うんだけど。(うちのおっさん省く)

それにしても味が・・・

こんなに大量どうしよう。と、途方に暮れてます。泣

全部細かく切って冷凍しちゃったけど、返品できるかしら。
(コストコは「おいしくない」っていうのは立派な返品理由になり、少し食べたぐらいなら返品可です。←なまものの場合は事前に電話連絡しておくとスムーズです。)

旧々ブログ時代にもコストコの商品で数点、「失敗しちゃったな。」な記事は書きましたが、
今回久々に失敗でした・・・

(※あくまでも私個人の意見です。悪しからず。)






そうそう、ワンプレートねワンプレート。

地味なおかずだぜ!
p9170604b

地味なんだけども。

以前、たこ焼きの記事の時にも載せたこの器、いいでしょいいでしょ?

この際おかずはどうでもいい。笑
とにかくこのプレートが優秀過ぎるおはなし。




立ち上がりのあるスクエアプレート。
和にも洋にも使えて、とにかく便利なこのプレート。


p9170601d
直角じゃないこの立ち上がりのおかげで、







p9170601e
気持ちのいい重なり!
食洗機への収まりっぷりが、これまたすこぶる気持ちがいい。





p9170604d
そしてなんと言っても使いやすーい。
ずしっと重いものでは無く、軽すぎない軽さが使いやすーい。←分かりにくい





私が買ったのは↓これ↓ですが、
1616/arita japan TY スクエアプレート200/白 ホワイト【1616/arita japan 有田焼 アリタジャパン 和食器 角皿 plate 陶磁器 柳原照弘 うつわ 】
1616/arita japan スクエアプレート200/白 ホワイト





↓一番小さいサイズ↓はなんとワンコイン。
1616/arita japan TY スクエアプレート90/白 ホワイト【有田焼 アリタジャパン 1616/arita japan 和食器 角皿 plate 陶磁器 柳原照弘 うつわ 】
1616/arita japan  スクエアプレート90/白 ホワイト





MT0001-010
(※↑画像お借りしました)

近くのとある店舗でも実物は手に取ってみたことがあるのですが、いろんなサイズ手に持ち、よだれ垂らしながらしばしフリーズ。

このシリーズほんとにいい。ほんとに優秀。



どのサイズも欲しくなりますが、
必死のパッチで我慢中。





p9170604e
器欲。

留まる所を知りません。



↓どうせ買うんでしょ?のポチなんぞ↓



↓読者登録してくれたら嬉し。↓



チーズ返品しに行ったお金で・・・ごにょごにょごにょ











↑このページのトップヘ