カテゴリ:■STAUB料理 > ├ストウブ洋食


お正月の終わり頃に帰省した以来だったので、約4ヶ月も経ってたのか・・・。
高速利用したら1時間半もあれば着く距離なのに、今回の帰省は随分と久しぶりになっちゃいました。




急遽、思い立ったように丹波の実家に帰省したこの週末。


page

玉葱掘って、娘は田んぼ引っくり返って、 

それ以外何をしてた?って言われたら、なーーーんにもしていない。






 160429c
何もすることがないという、田舎の特権。












我が家から随分前に、実家にドナドナしたストウブ22cm・ナス。

テフロンのフライパンでも金たわしで擦っちゃってた母。
で、「あのフライパンあかんわ、めっちゃくっつく!」って、当たり前のことを言っちゃう母。

そんなところにお嫁に行ったストウブ、一体どうなってるのか帰省する度にヒヤヒヤして見るんだけど。



毎回無事な姿に一安心。
160429a
掘ってきて30分と経っていない新玉葱で使ったスープは、絶品中の絶品で。






160429b
同じ畑で採ってきたスナップエンドウも甘い甘い。







私は3姉弟。

弟家族は神戸在住、
私は尼崎。

そして姉は、息子と2人で実家の離れに住んでいた。
んだけど、この春から同じく阪神間に引越しをしてきた。
160429d
実家は父と母の2人だけに。


 

もうちょっと、まめに帰省しよう。




160429e
なんにもない空気を味わいに。

そして、父と母の顔を見る為に。






↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

↓インスタはこちら↓
Instagram

image






image






image






image






image




画像、横向きになってない?見にくかったらごめんね。汗




今朝は畑に行って玉ねぎ掘り。

娘はそんな事どーーーでもよく、お花や蝶々やてんとう虫見て、ワーキャーワーキャー‼︎

連れてきた甲斐ありました^ ^



採れたて玉ねぎで、お昼はストウブ22cmでまるごと玉ねぎ煮込み。

絶品!



↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



↓インスタはこちら↓
Instagram


先日、外食した時の話。

ボロネーゼと、カルボナーラと、ペペロンチーノ。

この中から娘(6歳)が選んだパスタ、悩むそぶりもなく即答で
「ペペロンチーノ!!絶対に!」

おいおいおい。
出た。出たよおやじ、推定年齢58歳児。


ベーコンとかさ、海老とかの入ったクリームやトマトのソースのほうがいいんでないんかい?
このペペロン、思いっきり唐辛子入ってるし、普通に辛いよ??


「おいしい♡ からーい♡」

見事に完食。
しかもなかなかの食いつきっぷりで。



そっかあ、ペペロンチーノ食べれるんだ~。
それはお母さんにとってはものすごく朗報。
もう、娘の分だけ別で作らなくてもいいんだ♪


ということで、昨夜は早速ペペロンチーノ。
160422b
『するめいかとほうれん草のペペロンチーノ』

ヤリイカのほうがよかったんだけど、売ってなかった~。
遠慮なく、にんにくも唐辛子もがっしがし入れて作りました。




160422c
「辛いー。でもおいしいー♡」 「まだある?これまだある?」

滅多におかわりなんてしない食の細い娘が、おかわり希望するだなんて。

一体どこまでのおやじ口なのか。





そして。
本気の冬眠をして、そのまま天に召されたんじゃないかと思うぐらいの久々の登場、

ストウブオーバル11cm。
160422d
いつから使ってないのか調べてみたら、1年8ヶ月ぶり(→こちら)でした。
その時も器代わりでの使用って。笑

バーニャカウダと見せかけて、

・マヨ
・ぽん酢
・すりおろしにんにく

と、なんとも和風なソースにて。手っ取り早くていい。

これまた58歳児もばくばく食べました。
160422a
↑これはインスタ用(こちら)にスマホで撮影した画像なんだけど。
画質悪・・・。
いいカメラのスマホが欲しい。






160422e
ペペロンチーノがいけるのなら、今年の冬はキムチ鍋もいけるかな~。

大人と一緒のものを食べてくれるのはとっても楽でいいんだけど、
その味覚、ほんと大丈夫???

母さんはいまだにあなたの食の好みが理解できませんよ・・・。



 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

160401g
たけのこパスタをした時の、この時のグラッセ。じゃなくて、グラッセ“風”。






160403a
これ以上どう手抜きせよ!?!?
というほど、簡単に仕上げたこのグラッセ風。
もはや「料理」なんて言ってもいいものなのか、この料理。

さつま芋と人参のグラッセ風。


これは、

・ストウブ使用
・さつま芋を入れる

ことがポイント。



160403b
切り方だってただの銀杏切りだし。
猛烈スピード料理です。



グラッセと言えば。
砂糖にバターにその他コンソメだったり塩だったり入れるんだけど。

今回使った調味料は一つだけ。

160403c
砂糖のみ。

ストウブ使用なので野菜の甘み&旨味がしっかり引き出せるので、余分な味付け一切無しで仕上げてみました。

せめてバターぐらいは。って思っちゃうところだけど。
まあ私があんまりバターを入れた料理が好きじゃないっていう前提もあるんだけどね。
そこはさつま芋の甘さがカバーしてくれるんです。

お水は具材の高さの1/3ぐらいでOK。


バターのしつこさが無く、バクバクいけちゃいます。



160403h
持ってるストウブ鍋の中で、私が1番愛して止まないオーバル17cm使用。
男前過ぎです。





10分もあれば余裕で出来ちゃう簡単グラッセ風。

「あと一品・・・。」という時に是非。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓
 

160312b
今日のランチは、2日目のカレーライス。




見た目なーんの捻りも無い、いわゆる“おうちカレー”。
160312d
 ストウブ27cmオーバル使用で、たっぷりと。




我が家のカレーは毎度毎度の、時短なのに1日寝かせた風の簡単カレー。
こちらとか、
こちら に作り方載せてます。


なんだか作るサイクルがやたら短い。前回のカレーから1ヶ月も経ってなーい。
簡単なんでね、ついつい手抜き路線。




作ったその日に食べても既に1日置いた風のこのカレーは、
160312a
実際1日寝かせると、
旨味が半端無い。

ですよ。





160312c
ご飯は20cmラウンド使用で3合炊飯。
ココットdeゴハンじゃなくても。
通常のピコ・ココットシリーズでも十分美味しいストウブ炊飯。
お米がツヤピカ。甘くておいしいです。






160312e
じゃがいも入れていないので冷凍もできるよ!
冷凍する前に食べきっちゃうけどね。




※リコメ、もうしばしお待ちを。。。遅くなってごめんなさい。汗




 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
  にほんブログ村

 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

↑このページのトップヘ