カテゴリ:■STAUB料理 > ├ストウブ洋食


シェイクおじさん。
めっきり白髪が増えて、お顔真っ白。(只今10歳・3月で11歳。)
p161027j
背中の毛もずいぶんと白くなっちゃって。



そして、大好きだった散歩もあまり行きたがらなくなった。

「シェイクー、散歩行くよ!」

「・・・・・・ッチ。」

こんな感じ。
絶対舌打ちしたよね今。って、いつもこんな感じ。

p161027k
寝る時間がすごーーーく多くなりました。

今までは散歩の“さ”の字でピクッ!って反応してたのになあ。

最近は、
「えーっと・・・。どちらかと言えば行きたくないです、ボク。」って言う顔でこっち見られます。



リーダーからのお願いです。
シェイクさん、

ゆっくり
ゆーっくり

年を取って下さいな。

***********


久々のご飯記事~。

p161027a
*タコライス
*烏賊とパプリカのガーリックソテー
*かにかまスープ





我が家の定番、タコライス。
とか言いながら、随分と久しぶりでしたが。


今となってはセレブリティ野菜代表のレタスだけど。
この時は奇跡的にものすごく安く買うことが出来て。

でも「おひとり様一玉限定」なんだよね。
そんな経験、今までしたことないのにね~。泣



で、いつものように過去記事検索してみる。どれもこれも記事が古い!
の中から抜粋。
↓↓↓

ちっこい温水さん

こんな時もあったのねシェイクさん。


わはは!みんな若い、若いぞ!ピチピチだぞ!





過去記事の通り、タコソースはいつも↓これ↓シリーズを使用するんだけど。
オールドエルパソ タコソース(ミディアム) 200g
オールドエルパソ タコソース(ミディアム) 200g 




今回は8月に行った時の沖縄のスーパーで買ってきていた、シーズニングを使用にて。
p161027b
 確か、一袋100円するかしないかぐらいだったかな?
パプリカを入れるのも好きですが、画像の黄色いのはトゥメイトゥーです。




ストウブブレイザー使用。
炒め物するのにとっても便利なブレイザー。
p61027c
ほんとは玉ねぎなんて入らないけれど。
大きめにざっくりと切って、たーくさん入れます。





p161027d
で、タコライスのミートの大事なポイントは『パサパサ』感。

炒め終わったら鍋を五徳に斜めにして置いて、油切りを。
しばらく放置して油をふき取ってから、上記のシーズニングを入れます。

 

p161027e
 久々のレタスはたーーーーっぷり使用。

おお!このシーズニングおいしーい♡
沖縄ではこの手のシーズニング、いろんな種類販売されていて
「ど、どれがおいしいんだ・・・・。」
ものすごくスーパー内で固まってしまいましたが。

どうやら当たりだったようです。
うんまい♡

次行った時も絶対これ買ってこよう!



覚えてるかな。

500%忘れてるな。




p161027f
するめ烏賊とパプリカとしめじ。
ちゃちゃーっとガーリックソルトで炒めただけ。

「いかぁぁぁぁ!!!」

烏賊を愛して止まないおやっさん娘、大興奮。





そんなおやっさん娘、只今6歳。
上記のような赤ちゃんの頃の写真をみると、自分のことをこう言います。

「○○(←名前)若かった頃。」
とか、

「○○が子供だった頃。」
って。


とりあえず、つっこまずにそっとしています。hahaha!





↓今も十分ピチピチやで!のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram



 


頂き物の淡路産新玉葱と、
これまた頂き物のじゃがいも。

それに、先日買ったコストコのアップルベーコン。


ときたら。

ジャーマンポテト。


160610a
ベタ。
だね~。


本家はもっといもがごろんごろんしてるんだけど。
あんまりそれは好みじゃないので、小さめに適当に潰してます。



ストウブ16cmでじゃがいもを茹でて。

ジャーマンポテトは玉ねぎとベーコン、うっすら焼き色がつくまで焼くのが好き。



そして。

デリ風のサラダ的な感じにしようと思って。

半熟ゆで卵を作ろう!

黄身がとろり~んな半熟卵を作るのは、
沸騰してから7分ジャストで火を切る。
そして、氷水にぎゃっと浸ける。


それを無造作に手で割って、ジャーポテ(略)の上に乗っけよう。




 

 

 

 

 

 

 

 。 




160610b
9分経ってしまった件。



タイミング良くなのか悪くなのか・・・。
シェイクさんがさ、
ちょうどその時間、出すもの出してまして。
片付けてたらさ、
「あー!!たまごーーー!!」
みたいな。
「あー!!シェイクーー!!」
みたいな。


泣。





160610c
マヨネーズ入れてきゅうりも入れて、いっそのことポテトサラダにしたろかしら。

シェイクーーー!!
と思ったんだけど。


それはそれで面倒くさい。ダイ本音。






この際ピントは鍋で。
160610d

廃盤になっちゃったストウブナス。
ナスは小さいサイズほど色が濃く、艶かしい。とーってもいい色♡











さあさあシェイクさん。

モッサリーノさん。

今日は美容院の日ですよ~。

ちゃんと出すもの出してから出発だよ!
ねえねえ、聞いてる?




160610f
絶対聞いてない。








↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

 

160602a

おやおやおや。







「今夜のご飯はこのうつわを早速使おう!」
160601a
って言っていたのはどうやら気のせいやったようです。

 






160602e
昨夜のご飯はトマトソースでショートパスタ。








160602c
トマトと玉ねぎのみの、シンプルソース。
ストウブブレイザー24cmで作りました。






160602b
パスタはカサレッチェ使用。
『S』字の断面が、ソースによく絡みます。

仕上げにグラナパダーノの粉末をたーっぷり。









160602d
で。
で。
で。

今回の、というか、普段からブログ用の撮影時にもよく使ってる、このキッチンカウンター。









160602f
食器棚と流し台の間に置いて、鍋を置いたりオーブンの天板を置いたりと、大活躍のこのカウンターですが。

如何せん、









160602h
狭い!!





(9年以上使用しているので、傷だらけなのは目をつぶって頂いて、と。)
(逆光でものすご暗いのも目をつぶって頂いて、と。)



 幅120cm。←これはいい、うん。ちょうどいい。

奥行き45cm。←狭いいいい!!!

本来、天板を作業用として使うカウンターではないからそんなもんなんだけど、



160602i
狭い!!

「狭いなおい。狭いんだよ、おい。」と思いながら9年間使ってきましたが。








狭い。











アクタスに行くといつも穴があくほど見つめるカウンター。
こんな、思いっきり作業が出来るカウンターが欲しい。

 02
(※画像お借りしました)



・・・んだけど。 

我が家のちんまりキッチンに置けるはずもなく。

これ置くんだったら、後ろの食器棚を撤去しないといけない。
食器棚撤去したら、うちの溢れんばかりの食器達はいったいどうなるんだ。





160602g
せめて、あとプラス10cm。
奥行き55cmぐらいのカウンターが欲しいなあ。



ううう。リフォームしたい。

大きなカウンター欲しい。



もし、大きなカウンターが置けたら・・・・・。



こねこねするかな。
こねこねして、パン作ったりピザ作ったり、素敵なママになれるかな。








無いね。
思いっきり無いこと妄想してみたよ。
 






パンは買うものです。(キリィッッッ!!




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram


地味~な和食にしようと思っていた昨夜。
やさしく、やさしく、胃にヤサシク。

あれ?胃が痛くない??
ん?お腹すいたね??

よーしじゃあ変更だ!酒が呑める酒が呑める酒が呑めるゾ~



これまた久しぶりのストウブホットプレート。
2つ一度に使用したのがこの時以来なので、3ヶ月ぶり。

あら。そんなに久しぶりじゃないのね。って思ったのは、どう??







160511a
アスパラのストウブ蒸し。
と、ポテトベーコンのパセリソテー。







160511b
ストウブ27cmレクタンでは、やっつけメニューなパスタを。







アスパラは斜めに半分に切り、玉葱の粗微塵切りを入れて、塩+大さじ1.5ほどの水を入れて蓋して数分。
160511c
仕上げのソースは何にしよう?
と冷蔵庫を覗くも、たいしたもん入ってないな、うちの冷蔵庫。

目が合ったのが↓これ↓


「母さん買って買って!」とせがまれて買ったのに、殆ど飲まれること無く放置されてる↓これ↓
160511d
カルピス。

ヨーグルトをソース使ったりするからさ、カルピスもありなんじゃない??
と思って、恐る恐る作ってみましたよ。

・マヨネーズ
・カルピス(原液のまま)
・すりおろしにんにく
・塩
・砂糖(隠し味程度にほんのちょっと)





蒸しあがったアスパラの上にトマトをのせ、カルピスソースをかけて。
160511e
恐る恐るぱくり!



あら、






160511h
おいしいじゃん♡



これ、イケます。アスパラとの相性ばっちり。
アスパラ以外にもいろんな野菜に合うだろうし、お肉や白身魚なんかにも良さそう。
お好きな方は、レモン果汁もプラスしてもよさげ。

残念ながらいつもの目分量なのでレシピは無いけれど。
またちゃんとレシピにしようと思います。
たぶん、します。そのうち。きっと。いつの日か。





そしてなんてことない、こちらもストウブホットプレートで。
160511f
まずはオイルでじっくりプレートを熱し、じゃがいもを炒めて。
お水は控えめ、コンソメで炊いただけ。
パセリは飾り程度ではなく、しっかりパセリ味にしたかったのでたっぷりと。
いい天気続きだからね、自家栽培のパセリ、わさわさ茂ってます。





やっつけ感丸出しのこのパスタは、
160511g
本当にやっつけた感じ。
ウインナーと水菜のみ。思いっきり冷蔵庫整理。







160511i

胃痛はどこへやら、もりもり食べてそして呑んで。




数時間後にやっぱりまた胃痛に襲われる、と。

ううう。(泣)




※久々コメ欄オープンします。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

↓インスタはこちら↓
Instagram

160502j
パプリカ丸ごと使ったリゾットファルシ。

あとはお米だけを合わせたらOK。な状態まで下ごしらえをしていたのに。

「1個68円」で、とても大きな立派なパプリカを買えて、
いえーい、今夜は安飯だぜぇ~。

とか思っていて、











160501d
焼き鳥行くとか。






***************


160502b
*パプリカ丸ごとリゾットファルシ
*4種のサラダ
*コンソメスープ







160502c
ちゃーんとしたリゾットは面倒くさかったので、テケトーにお水とブイヨン足して固めのリゾット風に。
固めです、はい。






160502d
パプリカに詰め、ストウブ17cmオーバルに入れます。


以降の工程は、

この時とか、

この時と、基本同じなんだけど、今回はお水をちょいと入れてのコンロでの蒸し焼きにせず、



オーブンで焼いてみました。
『グラタンコース』に設定して、オーブンまかせの放置。
160502e
買って6,7年経つ我が家のビストロオーブン。
「グラタン」の文字の上に、何やら謎の横線が出るようになった・・・。
一度もパン作りもお菓子作りもしないまま、壊れていくのかしらね。わーっはっは



まずは蓋をしたまま放り込んで。

10分位経ってから蓋を取って。





160502f
仕上げのチーズは蓋をして、余熱でとろ~り。








160502g
凝ってるようでそうでもない、壊れかけのオーブンまかせの簡単料理。






チーズは、鍋底まで垂れるぐらいに入れるのがいい。
160502h
カリカリのこのチーズが、またうんまいんだわ。






 

 

 

 。 





チーズはうまいんだけども。


どうなんだろな。ダメなんじゃないかな。

チンしないとダメなんじゃないかな。

あーでも面倒だな、五月病だな、年中病だけどな。

と思いながらやっちゃった自分が悪いんだけども。

パプリカが、







160502j
くそ固い。


ほぼ生。







生でも食べられるけど、そういう問題じゃない。

いつもの作り方なら、ナイフ要らずでスプーンだけですぃ~って切れるパプリカが、



160502i
ごっちんごっちん、ブラパラプレートが傷まみれになるんじゃないかと思うぐらい、ごっちんごっちん。

それに、せっかくのリゾットも固めに作ったのも相まって、
グラタンコースがいけなかったのか、そもそもオーブン使用するのがいけなかったのか、

普通のピラフに変身。

お米パラパラ~。みたいな。
リゾット感どこいった~。みたいな。




160502k

大失敗ファルシ。

良い子のみんなは真似しないでね。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

↑このページのトップヘ