カテゴリ:■STAUBじゃない料理 > ├中華・韓国・その他

p9170214b
*ナシゴレン
*コールスローサラダ
*野菜スープ





辛いの大好きなので昔はよく作っていたナシゴレン。

娘が生まれてからは、必然的にあまり辛い物は作らなくなって。

p9170214c
今回、久しぶりに作ったんだけど、
娘も食べられるようにと、辛さ無し。
(それをナシゴレンと言うのかどうかは置いといて、と。)


それでもやっぱり食べないかもしれないから・・・と、面倒だなと思いつつ、
娘の分は別途チキンライスを作ったんだけども。


ナシゴレン、
食ーべる食べる食べる!

夫の分まで横からかっさらって食べてました。
チキンライス別途で作るなんて面倒なことしなくてもよかったよ。




今回は牛肉の細切れを使いましたが。
鶏だって豚だって挽き肉だってなんだって、なんでもお好みでいい。と思う。

あとは
・パプリカ
・玉ねぎ
・にんにくのみじん切り

があればOK。だと思う。


調味料は↓下記↓のとおり。
割り合いは全部一緒ぐらい。だと思う。

・オイスターソース1
・醤油1
・ケチャップ1(子供が食べないのなら、無しでもOK)
・ナンプラー1

こんなもんでいい。と思う。



・・・・「と思う。」 だらけなのは、相変わらずレシピ見るのが苦手なので、
全て自分勝手配合。

そもそもちゃんとしたナシゴレン、2,3回しか食べたことが無い、ときたもんだ。わーははは


辛い味のちゃんとしたナシゴレンは、上記調味料にサンバルをプラスで。
サンバル=チリソースです。
 



必須なのは目玉焼き。

ナシゴレンは“ふんわーり軟らかい白身”よりも、
白身はカリッと!のほうが合うね合うね。
油多めに焼くと、白身がカリッ!
p9170214f
黄身はとーろとろ。


これで娘のテンションはあがりまくるので、しめしめ。

「あーたの大嫌いなパプリカが入ってるんだよ。」って言う前に、



p9170214g
「うわー♡卵とろとろー♡」

テンションあげてくれるのでしめしめ。




p9170214e
そして、
なんてこたぁないコールスローサラダと、




p9170214d
いかにも冷蔵庫整理しましたスープ。





p9170214a
この時、久しぶりに500ml缶をプシューッと開けたのですが。


なんと!
なななんと!

飲みきれなかった…。



12月あたまぐらいから、家では350ml一缶で済んでいます。一缶で十分。
あらいやだ。すっかりお財布に優しくなったわね、私の腸。


 
 ↓ちゃんと検査しなさいな。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



「たかが便秘だし。」って思っていたのに。

この500mlが飲めない事でようやく決心がついた。

延ばし延ばしにしていたんだけど、
大腸内視鏡の予約を今日、取ってきました。

や~だな~~~。泣

 


我が家では、手っ取り早く仕上げたいお昼ご飯の時によく登場する炒飯。

極一般家庭のコンロの火力では、ご飯をパラパラに仕上げてるうちに卵が固くなっちゃうけど。


160415a
卵は後のせ。

これでパーペキ。(古。)





ご飯を炒めて皿に移したあと、フライパンはそのまま使用で卵を焼いて。
するりんっと上に乗せるだけ。

作り方っていうほどのものでもないけど、工程は→こちらからどうぞ。





卵の上から青葱パラパラとかしたほうが見栄えはいいんだろうけど、
160415b
娘と2人のお昼ご飯なぞ、我が家ではこのレベルです。

お茶漬けとか、「やったあ♡お茶漬け~♡」って、手叩いて喜びます。安い女、娘。






160415c
具材は青葱とハムのみ。
あの4パックとかのね、安いハム。笑
家で作るチャーハンは、焼き豚とか使うよりもこのハムで作るほうが好き。




後乗せ卵チャーハン。
な――――んにも難しいポイントも何も一切ないので、どうぞどうぞお試しあれ。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram
 

160326f
今回は完全に『酒の肴』メニュー。
ビールを早々にご準備して頂きましょうか。

これ、つい2日ほど前にしたばかりなんだけどね、オーブンに入れてうっかりすっかり忘れちゃって、
それはそれは見事に焦がしてしまったの。

だから再チャレンジです。


とってもざっくりですが。作り方書きます。






160326c
[1]青梗菜は茎の部分のみ使用する。(葉部分は別途スープ等にどうぞ。)

[2]4つに切る。

[3]下から2/3~1/4ぐらい(赤線部分)まで、包丁を入れる。(下まで切り離す。)

[4]塩こしょうをし、上から全体にオイルスプレーをシューッ。





160326d
青梗菜1株分で、

・ちりめんじゃこ:大さじ1.5
・小海老(アミエビ、桜海老等):大さじ1.5
・粉末チーズ:大さじ2.5

ぐらいの割り合いで用意する。
(「ぐらいの。」です、ハイ。今記事にしながらの、いつものテケトー配合。)


粉末チーズはグラナパダーノを使用。ペコリーノ、パルミジャーノでも可。

粉末チーズが無いよ!っていう場合→パン粉で代用できるかな。
伸びる系のチーズは不向きです。不向きって言うか、違う料理になっちゃいます。



 

160306e
小さじ1「ぐらいの」ごま油をまわし入れ、よ~く混ぜ合わせます。




↓以下、グリル天板の上で作業を。
160326o
青梗菜の上にのせます。
こぼれ落ちそうなほどたっぷりと乗せ、指で軽く押さえれば安定します。
横にパラパラと多少落ちても、問題無し。逆に、こぼれたほうがいいかも。

4分割した画像のとおり、赤線部分に切り目を入れたのは、
・青梗菜に火を通しやすくする為と、
・食べやすくする為と、
・この具材を乗せやすくする為に。です。

 
あとはオーブンに入れ、
・・・・・・・。
何分だったかな、ごめん、忘れた。笑
トースターでもできます、きっと。




はい、完成~~。
仕上げに醤油をちょろりとしたら、完成~。


なんだけどさ、


なんでこうなるかなあ。



今回作ったのは2度目でさ、
前回の反省を踏まえて作ったつもりなのにさ、

分かっちゃいたのに、なんでこうなるかなあ。






160326i
焦げ・再び。


画像ではそんなに焦げてないように見えるけど。がっつり焦げた。


青梗菜って2株が1袋で売ってるじゃない?
だから、次するってことは、また買わないといけないじゃない?



もう諦めて載せちゃった。HAHAHA!!




横にパラパラと落ちたじゃこ海老がね、これまたおいしいの。
チーズと相まってカリッカリに焼けてて、おいしいの~♡

160326g
だから、こぼれるぐらいたっぷりとのるのがグー。






そんなこぼれ落ちたカリカリ部分を撮ったつもりが、
160326j
どんだけピンボケ。




なぜかこのアップ画像、何回やってもぜんっぜんピントが合わなくてね。






160326k
何。
どこ。










160326l
シャアアアア!








よーしばっちり。
ピントばっちり。

160326m
椅子綺麗に撮ってどうする。


ンニャロー!ポンコツカメラめ!
いいカメラが欲しいぃぃぃ!!!






*************



今回は青梗菜×ごま油・醤油と、中華な感じのおつまみにしてみましたが。

今の時期ならたけのこでもいいよね。
ごま油をオリーブオイルに変えたりして。


ってことで、


160326n
今シーズン初。



↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓
 

↑このページのトップヘ