160326f
今回は完全に『酒の肴』メニュー。
ビールを早々にご準備して頂きましょうか。

これ、つい2日ほど前にしたばかりなんだけどね、オーブンに入れてうっかりすっかり忘れちゃって、
それはそれは見事に焦がしてしまったの。

だから再チャレンジです。


とってもざっくりですが。作り方書きます。






160326c
[1]青梗菜は茎の部分のみ使用する。(葉部分は別途スープ等にどうぞ。)

[2]4つに切る。

[3]下から2/3~1/4ぐらい(赤線部分)まで、包丁を入れる。(下まで切り離す。)

[4]塩こしょうをし、上から全体にオイルスプレーをシューッ。





160326d
青梗菜1株分で、

・ちりめんじゃこ:大さじ1.5
・小海老(アミエビ、桜海老等):大さじ1.5
・粉末チーズ:大さじ2.5

ぐらいの割り合いで用意する。
(「ぐらいの。」です、ハイ。今記事にしながらの、いつものテケトー配合。)


粉末チーズはグラナパダーノを使用。ペコリーノ、パルミジャーノでも可。

粉末チーズが無いよ!っていう場合→パン粉で代用できるかな。
伸びる系のチーズは不向きです。不向きって言うか、違う料理になっちゃいます。



 

160306e
小さじ1「ぐらいの」ごま油をまわし入れ、よ~く混ぜ合わせます。




↓以下、グリル天板の上で作業を。
160326o
青梗菜の上にのせます。
こぼれ落ちそうなほどたっぷりと乗せ、指で軽く押さえれば安定します。
横にパラパラと多少落ちても、問題無し。逆に、こぼれたほうがいいかも。

4分割した画像のとおり、赤線部分に切り目を入れたのは、
・青梗菜に火を通しやすくする為と、
・食べやすくする為と、
・この具材を乗せやすくする為に。です。

 
あとはオーブンに入れ、
・・・・・・・。
何分だったかな、ごめん、忘れた。笑
トースターでもできます、きっと。




はい、完成~~。
仕上げに醤油をちょろりとしたら、完成~。


なんだけどさ、


なんでこうなるかなあ。



今回作ったのは2度目でさ、
前回の反省を踏まえて作ったつもりなのにさ、

分かっちゃいたのに、なんでこうなるかなあ。






160326i
焦げ・再び。


画像ではそんなに焦げてないように見えるけど。がっつり焦げた。


青梗菜って2株が1袋で売ってるじゃない?
だから、次するってことは、また買わないといけないじゃない?



もう諦めて載せちゃった。HAHAHA!!




横にパラパラと落ちたじゃこ海老がね、これまたおいしいの。
チーズと相まってカリッカリに焼けてて、おいしいの~♡

160326g
だから、こぼれるぐらいたっぷりとのるのがグー。






そんなこぼれ落ちたカリカリ部分を撮ったつもりが、
160326j
どんだけピンボケ。




なぜかこのアップ画像、何回やってもぜんっぜんピントが合わなくてね。






160326k
何。
どこ。










160326l
シャアアアア!








よーしばっちり。
ピントばっちり。

160326m
椅子綺麗に撮ってどうする。


ンニャロー!ポンコツカメラめ!
いいカメラが欲しいぃぃぃ!!!






*************



今回は青梗菜×ごま油・醤油と、中華な感じのおつまみにしてみましたが。

今の時期ならたけのこでもいいよね。
ごま油をオリーブオイルに変えたりして。


ってことで、


160326n
今シーズン初。



↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓