カテゴリ: ■キッチン関連

珍しく、本日2度目の更新~。
過去記事の転載だけなので、どんどんいきます。

【ストウブ「シャロー」と「ブレイザー」を比較してみた。】


↓↓以下、過去記事転載です↓↓ (※くだらないぼやきは添削しました。hahaha)
______________________


 ピコココットのラウンドやオーバル等をいくつか購入すると、次に欲しくなるSTAUB製品。
=浅めの鍋が欲しい~。
って人、結構いらっしゃるかと思います。


ってことで、先日我が家にブレイザーを迎え入れたので、ブレイザーとシャローで色々比較してみます。

・○人家族にはどっちがおすすめ?
・○○を作るならどっちがいい?
・それぞれのメリット、デメリットってある?
などなど。

蓋裏の突起のピコとシステラ(ナイキマーク)の違い・特性については、こちらの記事に書いていますのでご覧下さい。


※以下、おーーーーもいっきり私の私見的見解ですので、あくまでも参考程度に目をとおして下さい。
購入を検討されてる方はやはり実物を店頭で見て比較するのが1番!です。


o0614042913200026843
左がストウブ シャロー ラウンドココット 26cm 容量3.8L/重さ4.1kg
右がストウブ ブレイザー ソテーパン 24cm 容量2.4L/重さ3.6kg

◎ブレイザーは28cmもありますが、下記記載内容は全て、私が購入した24cmのことを記載していますのであしからず。 


・卓上で鍋料理がしたい!と思って購入する場合。
ブレイザー=2人家族向き。
シャロー=3人以上の家族向き。


・ピラフやパエリア等のご飯物を炊く場合。
ブレイザー=3人以上の家族向き。
シャロー=5人以上の家族向き。



o0614043413200026844
上から見るとこんな感じ。





o0614042913200026842
シャローの高さ=約9cm。



 
o0614042113200026845
 
ブレイザーの高さ=約7cm。



o0614043213200026841
この約2cmの差がなかなか大きくて。
真横から見るとブレイザーの持ち手部分が、シャローのそれの下にすっぽり入る高さです。

シャローより2cm高さの低いブレイザー。
この高さが、よりフライパン代わりに使用できそうです。



ここで、あえてこの2つのデメリットを。
o0614042313200052370

*シャローのデメリット*
まず、デカイ。高さはココットの中では低くとも、場所を取る面ではかなり幅きかせてます。

そして26cmということもあって、蓋が重い!!
普通のココットラウンドと同じデザインなので、それの26cmとなるとそりゃー重いです。
と言っても、まだ片手で持てる重さ。洗う時も片手で持ち上げて洗えます。
・・・が、鍋本体は片手で持ち上げて洗うのは無理。



*ブレイザーのデメリット*
ずばり、値段が高い!一般的なピコ・ココットシリーズに比べるとかなり割高感があります。
外観は似たような形のニダベイユと比べると、ブレイザーのほうがやや高いです。(楽天での価格比較の場合)

・・・うむ。ブレイザーのデメリットは今のところ金額以外、特に見つからない・・・。
シャローよりも高いと思ってたんだけど、今楽天で調べてたらシャローと同じぐらいの金額設定です。
つーか十分高いんですけどね。諭吉2名様いってらっしゃいませ。さよならコースです。
ま。定価はもっともっと高いです、両方とも。

______________________
以上、2015年1月26日に掲載の記事でした。





「その5」ぐらいまで続くかもしれない。
ごめんね、ごめん。
手抜きヤッホイ。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



 


今回の記事は、ストウブを既に愛用している方には、今さら感満載な記事となります。
さらさらさら~っと、お流しして頂いて、と。

購入を検討されている方のお役に立てればと思い、シーズニングについて細か~く記載していきます。

***********

ストウブを買ったら最初にすること=『シーズニング』

シーズニング。漠然と聞いたことはあるかと思いますが、ようは“油慣らし”です。
鋳物(いもの)製品ですが気をつけて頂きたいのは、ストウブに関しては「強火は禁止」です。
ダッチオーブンなどのシーズニングは強火でガンガン炊いていきますが、
ストウブはダメー!
弱火で。常に弱火で。


シーズニングは買った時にするだけのものではありません。

鍋を長持ちさせる為に、まめにシーズニングをする事がとても大切です。



【用意するもの】
・ストウブ鍋 (今回はブレイザーを使用しています。)
・食用油(基本どの油でもOKです。)
・キッチンペーパー


1:乾いた鍋の内側全体にキッチンペーパー、もしくはオイルスプレーで油を塗布する。
160309b
オイルスプレーのほうが手っ取り早くできるし、便利です。





ストウブ購入する前から愛用していた、コストコで購入のこの大きいオイルスプレー。
160309a
今ではすっかり本来の使用と違う目的になっちゃいましたが。
シーズニングはキッチンペーパーで塗布するよりも、オイルスプレーのほうが断然おすすめ。




160309c
側面にもしっかりスプレーします。





2:全体にスプレーをふったら、弱火でじっくり火にかける。

【重要!!】この時、絶対に鍋から目を離さないこと。

薄ーい薄い煙が出てきたらすぐ火を止めます。霧程度の、ほんとに薄い煙でOK。
換気扇元の電気も付けて、明るい所で見て下さい。
160309d
熱くなったオイルは、サラサラと動き、真ん中や端に溜まってきます。
そのままでもいいのですが、熱し具合によってはその油の形のまま、型が残ってしまう場合があります。


なので、
160309e
両持ち手を持って、ぐいんぐいん鍋をまわして油の厚みを均等にしておきましょう。



3:そのまま鍋が冷めるまで放置します。約30~40分で完全に冷めます。


4:冷めたら、キッチンペーパーで表面を軽くふき取ります。さっとなでる程度でOK。
160309f
ふき取った油の色が↑これくらい↑ならOK。ベージュよりも少し濃い感じ。
これが茶色だと、熱し過ぎです。せっかくのシーズニングが焦げてます。その場合はこのまま次の工程に行くよりも、
洗って一からされることをお勧めします。




5:再度、火にかける。同じ工程ですが、オイルの再塗装は不要です。火にかけるだけです。
同じく熱しすぎ十分気をつけて下さい。

160309g
↑これが2度目のシーズニングを終えて冷ましている最中。



また30分ほど放置して冷まします。
160309h
6:冷めたら、2度目の拭き取りを。1度目の時よりも薄い色。ベストな感じです。




7:再々度、火にかける。(3度目もオイル塗布は不要です。)
 160309i
冷めたら完成です。

人それぞれのやり方があるかと思いますが、私はこの3度のシーズニングの後は、ふき取りをしません。
3度目にもなると、浮いてくる油も殆どなく、いい塩梅で“油のコーティング”ができています。
そのまま蓋をして収納します。

【追記】
使用する前に、洗います。


***********

あと、蓋のシーズニングについて。
結論から言うと、蓋は特にシーズニングはしなくても構いません。
濡らして放置しない限りは、ピコ(ブレイザーはシステラ)の部分が錆びてきた!とかなりません。

が、私はたまに(2,3ヶ月に1回ぐらい)スプレー塗布だけします。
160309k
スプレーをして傾くようにおいてしばらく放置していたら、




160309l
“谷”の部分に油が溜まってくるので、それを拭き取って終了。



で、その拭き取ったペーパーを使用して、一番錆びに気をつけたい部分、
160309j
鍋のふちと、




160309m
蓋のふちに塗布します。

以上で私の一連のシーズニング作業は終了です。


***********

お鍋を購入し、初めて使用される時は上記の『3回熱し』は非常に重要な作業です。

そして使用を続けている最中も、シーズニングをすることによってお鍋は長持ちします。

「炊く」が基本の日本食。
欧米の料理に比べると食材を油で炒める。という作業が少ない分、シーズニングはより大事な作業です。


さらに。
炊飯用にと開発されたココットdeゴハンに関してですが。
160309n
炊飯専用にされている場合は尚更、表面に油膜がまったくない状態になってくるので、
シーズニングはまめにされる事をおすすめします。
(購入して半年経ってもまだ未使用のSグレー。笑)

シーズニング後のご飯は、よりふっくらと炊きあがります。


*************

「3回も火にかけて、冷まして、火にかけて・・・。チッ、面倒くさい!」っていう場合は、短縮しても構いません。
3度するのが理想ですが、面倒なら1度だけでもやらないよりマシだし、
なんなら火にかけず、オイル塗布だけして収納。でもいいと思う。
何もやらないより、全然いい。



それから。
収納時にプラスチックピンを使用されている場合。

オイル塗布した部分にピンつけたらぬるぬるになるし、いやだなあ~っていう場合は、

160309q
キッチンペーパーで代用です。新聞でもOK。

オイル塗布したお鍋って、なんだかアイツ、アイツです、「G」を寄せつけるんじゃないかと思って。
だから最近はピンは使用していません。隙間からアイツが入っていたら・・・なんて思うと・・・。
ぞわわわわ・・・

ピンを使うよりもキッチンペーパーのほうが衛生面でもいいしね。




以上、久しぶりに脱線せず語ってみましたよ。
やれば出来る子じゃん、私。わーっはっはっはっは





  ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓




\今日はまた寒いねー。/
160304a
/でもリーダーのくしゃみは止まらないよ!\


へ――――――っっぷし。
重度の花粉症の方は分かると思うんだけど。

雨が降ろうが寒くなろうが、花粉症がましになることなんて無いよね・・・。へっぷしへっぷしかゆいーー



**************



今、我が家の冷凍庫内がなぜかうどんまみれになっていて。
「なぜか」って言っても。
まあ、買ってきたのは私なんですけども。

物で溢れるのがイヤなので、食品にしろ何にしろ、「安いから!」といって予備は買わない主義だったはずなのになあ・・・。
最近買っちゃいます。年のせいなんだろね。あわわわ

うどん、『4玉50円』だった。
安すぎでしょ!買ってしまうっちゅうの!





昨日のお昼ご飯は、

ねぎ。
160304b
じゃなくて。
うどんです。牛肉うどん。青葱どーーん。
「もう、葱ブログにすれば?」って言われちゃいそう。このブログ、葱登場しすぎだよね。ははッ!



160304c
葱が安かったんです。
2袋も買っちゃった。

「予備は買わない主義。」←どの口が言ってんのかしらね。



関西人の基本=炭水化物×炭水化物。
ストウブで白米炊飯も。
160304e
鍋にピントが合ってるけど何も不思議ではありません。
ちょっと鍋病発症してるだけです。





160304d
真ん中には卵。とろ~んと黄身をつぶして、七味ドッバーかけてイタダキマス!





で、この箸置き。
160304f
3年ぐらい前に楽天で買ったんだけども。
確かね、1個100円もしなかったの。確か80円台という驚異的な安さだったっけ。


安さにはからくりがあって。
c578_2
(※今は販売されていません。画像お借りしました)

『色はおまかせになります。』と。
うん、おまかせか。いいよいいよ、この値段だし。4個買おう買おう。

とりあえず、ピンクじゃなければなんでもいい。(ピンク、苦手なんです。)
どれかなー。何色と、何色が届くのかなー。

と思って届いたのが








160304g
全部ピンクだったという。

安いからと飛びついた、一番あかん例。




「要らない物も、予備も、なんでもかんでも買っちゃう主義です。」
キリィィィッッ!!




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓





 


160228a
存在すら忘れてずっと使ってなかったけど、最近引っ張り出してきてちょこちょこ使用している、
「イッタラ×マリメッコ」のボットナボウル。
可愛いね。
可愛いね。

って思うならもっと使えってね。

うちの食器、そんなんばっかり。

食器然り、
鍋然り。





160228b
 パスタとの相性がいい。 菜の花とベーコンのクリームスープパスタ。

ボットナボウルもいいけども、お気に入りのこのカトラリー。もう随分と前、1年以上前に買ったのですが、
これ可愛いでしょでしょ?

カトラリーってね、「いい!」って思ったのはもれなくお高い。
なんでこんなに高いの!?っていうぐらい高いよね。
4客、5客分とか揃えたら、えええええッッッ!!!みたいな。



でもこれ、
160228d
フォーク&スプーンのこの2本で、野口さんでおつりがきます。ヤッスーイ!

購入したのは随分と前ですが、今も販売している商品なのでお近くの方は是非お立ち寄りを♪
(※ちなみに、私は買わなかったけどナイフもあります。)


DOWBLEDAY/ダブルデイ




今日は分刻みに忙しいので。
これにてドロン。


 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
  にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


 



『いたって普通な』シリーズ。今回はグラタン。
160210a
シリーズって。ロコモコ丼 に続いてまだたったの2記事目。
つーか、ここに引越ししてきてまだ全部で9記事しか書いてません。
シリーズもなにもないわよ、ねー。



ほんとになーんの捻りもない、いたって普通なグラタンは
ストウブ レクタンギュラーディッシュが大活躍。


黄色のが一般的な大きさので、
青と黒が廃盤になった浅レクタン。

廃盤の浅レクタンは持ち手が少し湾曲してるの。かわいいでしょ?
160210b
黒の浅レクタン、新顔です。
出所おめでとうございます。お勤めご苦労様でした。長い間の務所生活。ようやく日の目を見れましたね。

シール貼られたまま。
箱に入れられたまま。

うちのストウブセラミック、そんなん多すぎなんだけども。
(まだあるの!?って?まだあるよ。ははは)




このブログを立ち上げるにあたり、ヘッダー用の撮影に黒レクタンも登場して頂きましょうかということで、

↓↓これね。↓↓
160210j
ようやくシャバに出てまいりました。






160210c
この浅さ、娘用にいいサイズだな、と思って。
いろんな用途に使える浅さです。(箱入れたままの口が言うことか。)






160210d
娘のはパセリ無し。
入れたら、マスカラ塗る時に出るくしゃみを我慢する時みたいな顔で反撃されますから。




そしてご飯はココットdeゴハン(S)を使用。
160210f




Sは1合用ですが、1.5合炊けます。
160210g
が、炊き上がりの余白が1.5cmぐらいなので、混ぜにくいっ!
まあでも、ぎり許容範囲。





160210h
そしてIKEAの鍋敷きはとても優秀の図。





ストウブセラミック。
我が家にはえーっと、えーっと・・・・・・・、何個だっけ。何個あったかな。
28個ぐらいだったかな。

1個だけ違うけど、あと全て廃盤になったフランス製。
160210i
ブラックのセラミック、ひっくり返すとマットな塗りなのが可愛い~。
ちなみにブラックのセラミックは、蓋の付いたココット型のもマットな塗りです。


先々代ブログから見て頂いていた方はご存知のとおりなんですが、あの時の記事のように、
ストウブのセラミックには摩訶不思議なサイズ現象が起きてます。
で、今回ある事を発見したのでまた記事にします。





   ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
  にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
   にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


 

↑このページのトップヘ