カテゴリ: ■ストウブのはなし


昨夜のご飯は、ストウブ・ココットdeゴハンの2つ使い。

160425b
Sサイズで白ご飯、
Mサイズでジューシーを。





160425c
 やっぱりSサイズで炊く白米、ツヤピカ感が全然違う。
カニ穴も毎回綺麗にできます。





160425e
ジューシー。←沖縄の炊き込みご飯。

「なんだこれ?なんだろな・・・。」
本気の化石レベルの“何か”が冷凍庫から発掘されまして。
とりあえず解凍してみたら、
「へ~え。豚の角煮だったのね。」という。

汁ごと冷凍していたので、その汁も利用して炊き込んだジューシー。

濃い味だしね、化石レベルでも何も問題ありませんでしたよ。





160425a
白飯信者の娘の為、それぞれ別々に炊飯です。
それができるのが鍋炊飯のいいところですね。
面倒くせえな。チッ!





160425d
そして、このしゃもじ。
SサイズにはSサイズのしゃもじ、MサイズにはMサイズのしゃもじ。
詳しくは→こちらの記事をどうぞ。

レッツゴーダ○ソー!






***********

それではここで、ココットdeゴハン使用・我が家の白米の炊き方。




[Sサイズ1合で白米炊飯の場合]
3つ口コンロの1番小さい所使用。沸騰後、最弱火にして9分20秒、蒸らし9分30秒~10分


[Mサイズ2合で白米炊飯の場合]
3つ口コンロの1番小さい所使用。沸騰後、最弱火からほんの少しだけ火力強めて10分、蒸らし10分


これが我が家のコンロで1番ベストな時間。(火力によって変わってきますので、あくまでもご参考程度に。)


以前のピコ・ココットでの炊飯方法の記事(18cm使用で2合)、蒸らしの時間を『13分』推奨で記載してきましたが。

ココットdeゴハンの場合は13分蒸らしではお米が硬くなる・・・。
おそらく、お釜の形状でお米にあたる面積が広いからなのかな、と。
この形状のほうが熱伝導がいいので、13分蒸らしでは余分な熱がプラスされるんだと思います。

蒸らしは長めなほうが鍋肌からの米離れがいいですが、
定期的にシーズニングをしていれば、この問題は解決できます。
蒸らし10分でも、米粒さほどこびりつきません。



何度も書きますが、これは我が家のコンロの場合。の話であって、
それぞれの家庭のコンロによって多少は変わってきます。
それと、我が家はガス火なので、IHの場合はまた全然違ってくるかと思います。

お米の種類、お水の量。噴きこぼれるか、噴きこぼれないか。
こういうのでも変わってきます。
 

ちなみに我が家は。
・お米→コシヒカリ
・お水→1合:180cc
・噴きこぼれ→どのお鍋でも無し。


それから、シーズニングについて。
これ、私のブログで検索して頂いている方がとても多いようで。
『シーズニングは必要?』で検索されている方がとても多いです。

結論=必要です。


「シーズニングは購入時にだけすればいい。」と思っている方がいらっしゃいますが、
定期的にするのがベスト。です。

特にご飯だけ炊いている場合等、鍋肌に全く油分がなくなる状態になりますので、これはヨクナイ。
油分がなくなってくると、鍋表面がなんとなく白っぽくなってきます。
そして、いくら油を熱しても、食材がくっつきまくるようになります。
そして鍋肌が剥げてきます。

そんな状態を「使い込んだ感じでいい。」なんて言われる方がいらっしゃいますが。
おいおいおい。です。それはとんだ勘違いかと。
ストウブとダッチオーブンは別物です。




決して安いお鍋ではないので、長持ちさせる為には面倒がらずに是非定期的に行って下さい。

シーズニングの詳しい方法については、→こちらの記事を参考になさって下さい。



↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

 

【過去記事特集その1】ストウブで白米炊飯を極める。

【過去記事特集その2】ストウブ「シャロー」と「ブレイザー」を比較してみた。

【過去記事特集その3】ストウブ購入を検討している人へ。~大きめサイズ編~

【過去記事特集その4】ストウブ購入を検討している人へ。サイズ比較 ~小、中サイズ編~



ストウブ記事でアクセス数の多い旧ブログの記事の再掲載。
今回でラストです。

我が家のストウブ BEST3 ~買って正解!STAUB~



↓↓以下、過去記事転載です↓↓

______________________ 

 「我が家のストウブ」記事の完結編。
(完結。っていう言い方どうかしらね。まだ買うけどね。え。まだ買うんか私。)

31個買ったストウブ鍋の中で、我が家で最も活躍しているサイズ。
もしくは、最も気に入っているサイズ。
ベスト3はこちら。


↓↓↓↓


o0614041313366514335
ぐはあ。
上位3つに絞れず、4つ選んじゃったわ。あっはっはー

この4種が、我が家にとっての『best of STAUB』です。
どれも賢い、使えるストウブ!





そんな4種の中の、栄えある第1位はこちら。

ダラララララララララ
ダラララララララララ

ででん!





o0614041013366514337
ストウブ ブレイザー24cm

意外かしらね?想像どおりかしらね?

ピコ・ココットシリーズは『欲しいな。このサイズいいな。』と思ったら割とすぐ買ってたんですが。
でもブレイザーは値段的なこともあり、私にしては悩みに悩んで買った鍋。
シャローも持ってるし、必要かどうかほんと悩みました。
で、購入して、

「もっと早く買えば良かった!!」

と1番思ったのがこのブレイザー。
これはほんと使える鍋です。この低さと大きさ、たまらんです。



o0614043513366514339
ピコの良さに惚れ込んでいたので、発売当初は正直、鼻で笑ってたシステラ仕様。
「なんじゃこれ。なんであのマーク。ふっw」ってね。
がしかーし。このシステラの良さに気がついた日にゃもうあーた。

ストウブブレイザー。
炒め物はもちろん、煮魚にも向いてるし、ピラフ炊く時なんかにもいいし、
テーブルに鍋どんしても圧迫感も無いし。
おすすめの中のおすすめストウブ製品です。









続きましてー。
第2位はこちら。





o0614043113366514336
ピコ・ココットラウンド 18cm

このサイズはお米を2合炊く我が家にとって、1番使用頻度の多いサイズ。
無くてはならないサイズ。ほぼ毎日使用してます。

で、我が家の炊飯器はこれでぽいぽーい。
ストウブで炊くご飯がおいしすぎて、炊飯器全く使わなくなったので潔く捨てました。




o0614044913366514338
手前のグレナ、冷蔵庫に入れてたのでひえひえ状態。



o0480069313366514481
このサイズはどのご家庭でも、1個はあって間違いないサイズ。

ご夫婦2人なら、おかず用にも使えるし、
大家族でも、お味噌汁なんかにちょうどいい。

買って絶対失敗の無いサイズじゃないかと。







はい、そして第3位は。
1つに絞れず、3位は2種類~。




o0614041913366531402
左/ピコ・ココット オーバル 17cm
右/La Cocotte de GOHAN (S/1合)





o0614044413366531404
THE男前!フォルムと、
コロンコローンの萌え萌えフォルムの2種。






推します、
やっぱり推しますよ。
o0614041013366531401
個人的に大好きな、オーバル17。
持ってる中で「見た目が1番好きなストウブ」が、これ。見た目、大事。

なんせテーブルどんした時のシルエットが男前過ぎる。
あら。料理ができる人ね。風に見える。




そしてもうひとつはこちら。




o0614042513366531403
 
ココハン~。

ずーーーっとラウンド18cmで炊飯してきた我が家ですからね、
そのご飯がおいしいと思って、炊飯器ぽいぽーいした我が家ですからね。
それがこのココハンでご飯を炊いたら、

さらにウマイ。
米が甘い!!!!




o0528072613366531405
我が家のベスト3 ストウブでした~。




 
______________________
以上、2015年7月15日掲載の記事でした。



 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


ストウブ購入を検討している人へ。サイズ比較ver.3 ~小、中サイズ編~



↓↓以下、過去記事転載です↓↓

______________________

「ストウブ購入を検討している人へ。サイズ比較ver.2 ~大きめサイズ編~」 
の記事に続き、小サイズ~中サイズの記事、いきまーす。



まずはオチビちゃん達。
我が家のかわいそうなかわいそうなオチビちゃん達。

もう鳴いてますよ。
もうセミが鳴いてる季節ですよ。

いつまで眠り続けているんでしょうかね?
もういい加減、冬眠から出てらっしゃい!

o0614050913361725677
/おはよう!\ /ふは~ぁ。よう寝た!\


お目覚めおちび達。
左側の2個が11cmオーバル
右側の5個が10cmラウンド



我が家では、全く活躍の場が無いおちび達7個。
正直、無くても全然困らないおちび達。



o0614045412857951013
こんな感じだったり、(中身分からん)



o0614047312864653028
こんな感じに、(だから中身)

使うととても可愛いサイズなんだけども。

我が家では、おちびちゃんは無くても困らないサイズでして・・・。
11cmに関しては、10cmよりも不要なサイズでして・・・。


なのになんで買ったの?と言われたら、
やっぱりそれは



o0528077213361725679
「勢いです。」
「とりあえず買っといた。」
「だって可愛いもん。」



但し。それは我が家だけのこと。
おちびちゃんをすっごく活用されている方たくさんいらっしゃいますし、
誰とは言わないけど『J』の付く人なんて、おちびでボーリング出切る位、愛でてるしね。笑

お菓子作りも一切しないし、あんまりオサレな食卓で無い我が家にとっては、
必要のない2サイズでした・・・。

でもおちびはカラー展開豊富だし、可愛いのよ♡これにつきる!





はい。
では中サイズいきます。



o0614041713361739764
17cm 2個
16cm 2個
14cm 4個

14cmもこれまた奥さん、ご存知の通り、我が家あまり出番無し。
それでもおちびの2サイズよりは使っていますが。
14cmのサイズ感は、
『お一人様用ビビンバ』の鍋を想像して下さい。
この説明で、十分お分かり頂けるかと思います。 (なんか端折った?うはは)

14cm(容量0.8L)は置いといて、と。(置いた)

16cm(1.4L)と17cm(1.0L)の説明にいきます。



o0614042213361739765
高さのある16cmと、塩梅いい大きさの17cm。





o0614042913361739766
16は背が高めです。
高さがあるので、これで炊飯するととてもお米がおいしいです。
4人家族ぐらいで1食分の味噌汁とかの汁物を作る時にも便利なサイズ。

(※追記 この16cmはサイズ変更になり、現在販売されているものは背が少し低くなっています。)
 


16cmは高さがあるぶん、食卓に置くと少し圧迫感がありますが。
そのぶん、「テーブルどん!」には17cmはおすすめ。


o0614046212829589563
 
17cmはパプリカが2個並んで入れられる大きさ。




o0614051413057915631
テーブルどん!した時のこの大きさ・このオーバルのフォルムがすごく好き。
私が持ってるサイズの中では、1番いい。と思う。




o0614043212993655050
こんな風な副菜を作った時も、そのままテーブルどん。
それがさまになるのが、17オーバル。

10cmと11cmと14cmに比べ・・・。
17cm、ゴリ推し。わっはっはー




そして最後に。
o0614047513361739763
先月発売された、これは外せないココットdeゴハン Sサイズ(1合用) が、2個。
フランス製のストウブが、日本人の為にと作られた炊飯専用ココット。

これはね、買うべきです。
初めてストウブで炊飯した時もおいしくて悶絶しましたが、
このココハンはその時以上の感激・感動。
とにかく甘い!お米が甘い!

Mサイズの2合用は、今秋、新米が出回る頃に発売されます。




 
************


ふへえ~。
終わったあああ。


o0528058213361725678
なんだかちょこちょこ端折りましたが。(ごめんよおちび達。)
ストウブの購入を考えている人の為に少しでも役に立てれば。

決して安いお鍋では無いので、
よ~くサイズを吟味して頂いて。
そして色は妥協せずに欲しい色を買って頂いて。




o0528070913361725676
ストウブで作る料理。
ほんとにおいしいから、気付けば我が家こんな状態になりました。




ストウブのある生活、

最高!!!




______________________
以上、2015年7月10日掲載の記事でした。


 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 

↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


過去記事転載、どんどんいきます。

【ストウブ購入を検討している人へ。サイズ比較ver.2 ~大きめサイズ編~】




↓↓以下、過去記事転載です↓↓
______________________

 




 引っ張って。引っ張るだけ引っ張って。

 o0576069513352990666
大変長らく、






o0528074013359871407
おまんたせ致しました。






「何を買ったらいい?」
「1個買ったよ!次何がおすすめ?」
「ラウンド?オーバル?シャロー?え?なんて??」
等々、等々。

ストウブの購入を検討しているけど、何を買ったらいいのか悩んでいる方。
個々の特性がなんのこっちゃよ~分からん。な方。

私見になりますが、私の「これがおすすめだよ!」な記事を書いていきます。




タイトルが「ver.2」なのは、随分前に→1度この手の記事←を書いています。
なんだかすごく数少ない時に書いてますな・・・。




※この手の記事を書く時にいつも記載しておりますが、
「これがおすすめ!」「これは使える!」っていうのは全て私の個人的見解です。
個々の家庭により食べる量だったり家族構成が変わってきますので、
あくまでも参考程度にご覧頂き、1度は実物を手に取ってご確認下さい。


※以下記載文は、過去記事とだぶっている所がありますが、ご了承下さいマセ。

※ストウブの購入を検討している方の為に記載していきますので、
「んーなこと知ってるよ!」ってな変態の皆々様にはつまらん記事だと思います、スルーでよろしくです。


※当然ですが、自分の持ってるサイズでしか比較ができません。
所々、サイズが歯抜けになっております、すみませんぺこりぺこり


※今回の記事は「ココット鍋」記事につき、ピュアグリルやホットプレートは省いています。




*************



まずは、大鍋サイズから。



o0614047513359871406
まず、31cmオーバル。我が家のファーストストウブはこのサイズでしたが、何かが間違ってます。
こんなドでかいのを最初に買う必要はありません。笑
1シーズン、2,3回しか炊かないおでん専用鍋となってます。あと、筍茹でる時と。
ほんまにこれだけしか使ってません。かわいそうな31・・・。

子供がすんごい食べるっていう、5,6人以上の大家族向けです。




o0614043013359871404
この差。笑
深~い31と、浅~いブレイザーの、この差。。






26cmシャローと24cmブレイザー。
食卓どん!の鍋料理サイズ。平均的な家族構成(4人ほど)の場合は、どちらか1つは持っていたいですね。
この2つで比較した記事がありますので、詳細は↓↓からどうぞ。
→ストウブ「シャロー」と「ブレイザー」を比較してみた。←



27cmオーバル。
これは煮込み系の料理に大活躍。カレーとかビーフシチューとか。
とうもろこし丸々だったり、大きな魚丸々調理とかにいいサイズ。



25cmトマトの説明は除外で。変態の血がついつい騒いでしまい、アメリカから個人輸入した品です。
ええ、馬鹿です。そして買って満足未使用です。ええ、馬鹿です。




続きまして。
一般的な家族構成の場合なら、まず最初に買うならこのうちのどれかでしょう!なサイズ。

o0614041713359871405
22、20、18cmラウンド。 我が家、それぞれ2個ずつ持ってます。

毎日炊飯用に使用するのが、
2合の時→18cm
3合の時→20cm
(どちらも白米の場合。)

炊飯用に適しているサイズはこちらの記事↓↓からどうぞ。
→ストウブで白米炊飯を極める。←


18cm=夫婦2人のみ、もしくは+小さいお子さんがお一人。の場合は絶対欲しいサイズ。
20cm=小学生以上のお子さんのいる、3,4人の家族構成の場合に適したサイズ。
22cm=20cmと同様。か、夫婦2人でもよく食べるのなら是非欲しいサイズ。



この3サイズ、一人用とかではなく「家族用」として買う鍋では1番最初に迎えるべきサイズかと思いますので、
もうちょいと詳しく。



o0614040813359904643
上から見るとこんな感じ。
“18cmはご飯2合炊くのにいい”っていうのを想像しながら見ると、色々妄想できるんじゃないかと。




o0614041013359904644

高さを測ってみた。(蓋は省く。)
20cmと22cm、あら。たいした差は無いわねえ。って思うかもしれませんが。

20cm=2.2L
22cm=2.6L

容量にはこれだけの差があります。
で、22cmになるとだいぶ重さを感じます。「ん゛!おもっ!」ってなります。(でも、私的には全然許容範囲の重さ。だって31が・・・。)


*************


ラウンド(丸型)と、オーバル(楕円)の違いについて。
鍋のサイズ。偶数がラウンド、奇数がオーバルになっています。
注意して頂きたいのが、この2型を混同して見た場合、サイズが大きくなるからと言って容量もそれに比例するわけではありません。

例えば、
22cm(ラウンド)は2.6Lですが、23cm(オーバル)は2.3Lです。
このように、ラウンドよりもオーバルのほうが容量は小さくなる場合がありますのでご注意下さい。


炊飯をメインとして使う場合は、断然ラウンドをおすすめします。
オーバルはやはり端々に炊きムラが出来ます。



サイズに迷ったら大きい方を買うべき?
これはあてはまりません。絶対に。
ストウブには、“大は小を兼ねる”の言葉は当てはまりません。買った人、みーーんな言っている言葉です。
作る料理や種類、作る量。これに適したサイズを買うべきです。



ネットですっごい安いお店を発見したけど、大丈夫かな?
大丈夫じゃあないです。もちろん「安い」の金額にもよりますが。
明らかに安すぎでしょ!の場合は詐欺サイトの可能性大です。
こんな場合は確実に“黒”です。ご注意を!→詐欺サイトを見分ける。



______________________
以上、2015年7月8日掲載の記事でした。




 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

珍しく、本日2度目の更新~。
過去記事の転載だけなので、どんどんいきます。

【ストウブ「シャロー」と「ブレイザー」を比較してみた。】


↓↓以下、過去記事転載です↓↓ (※くだらないぼやきは添削しました。hahaha)
______________________


 ピコココットのラウンドやオーバル等をいくつか購入すると、次に欲しくなるSTAUB製品。
=浅めの鍋が欲しい~。
って人、結構いらっしゃるかと思います。


ってことで、先日我が家にブレイザーを迎え入れたので、ブレイザーとシャローで色々比較してみます。

・○人家族にはどっちがおすすめ?
・○○を作るならどっちがいい?
・それぞれのメリット、デメリットってある?
などなど。

蓋裏の突起のピコとシステラ(ナイキマーク)の違い・特性については、こちらの記事に書いていますのでご覧下さい。


※以下、おーーーーもいっきり私の私見的見解ですので、あくまでも参考程度に目をとおして下さい。
購入を検討されてる方はやはり実物を店頭で見て比較するのが1番!です。


o0614042913200026843
左がストウブ シャロー ラウンドココット 26cm 容量3.8L/重さ4.1kg
右がストウブ ブレイザー ソテーパン 24cm 容量2.4L/重さ3.6kg

◎ブレイザーは28cmもありますが、下記記載内容は全て、私が購入した24cmのことを記載していますのであしからず。 


・卓上で鍋料理がしたい!と思って購入する場合。
ブレイザー=2人家族向き。
シャロー=3人以上の家族向き。


・ピラフやパエリア等のご飯物を炊く場合。
ブレイザー=3人以上の家族向き。
シャロー=5人以上の家族向き。



o0614043413200026844
上から見るとこんな感じ。





o0614042913200026842
シャローの高さ=約9cm。



 
o0614042113200026845
 
ブレイザーの高さ=約7cm。



o0614043213200026841
この約2cmの差がなかなか大きくて。
真横から見るとブレイザーの持ち手部分が、シャローのそれの下にすっぽり入る高さです。

シャローより2cm高さの低いブレイザー。
この高さが、よりフライパン代わりに使用できそうです。



ここで、あえてこの2つのデメリットを。
o0614042313200052370

*シャローのデメリット*
まず、デカイ。高さはココットの中では低くとも、場所を取る面ではかなり幅きかせてます。

そして26cmということもあって、蓋が重い!!
普通のココットラウンドと同じデザインなので、それの26cmとなるとそりゃー重いです。
と言っても、まだ片手で持てる重さ。洗う時も片手で持ち上げて洗えます。
・・・が、鍋本体は片手で持ち上げて洗うのは無理。



*ブレイザーのデメリット*
ずばり、値段が高い!一般的なピコ・ココットシリーズに比べるとかなり割高感があります。
外観は似たような形のニダベイユと比べると、ブレイザーのほうがやや高いです。(楽天での価格比較の場合)

・・・うむ。ブレイザーのデメリットは今のところ金額以外、特に見つからない・・・。
シャローよりも高いと思ってたんだけど、今楽天で調べてたらシャローと同じぐらいの金額設定です。
つーか十分高いんですけどね。諭吉2名様いってらっしゃいませ。さよならコースです。
ま。定価はもっともっと高いです、両方とも。

______________________
以上、2015年1月26日に掲載の記事でした。





「その5」ぐらいまで続くかもしれない。
ごめんね、ごめん。
手抜きヤッホイ。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



 

↑このページのトップヘ