カテゴリ: ■STAUB料理

160321a
我が家の食卓に何度か登場している、野菜どっかんポークソテー。

旧ブログの過去記事検索したら数記事がヒットしたんだけど。
1番最初の記事が、6年ちょっと前。
ブログ初めてまだ半月目の、2009年の記事。

文章が10行しかなくて、相変わらずガラにも無い絵文字を使ってて、







o0288038410342171086
カメラの腕もなにもあったもんじゃない、こんな画像が2枚だけ載ってて、
(余談:この画像に使ってる食器が、今では1つも残ってないw)





自分、青いな。と。



気持ちの悪い青い果実の私が見たい勇者は→こちらからどうぞ。
(もっと言うと。この記事の前後の記事のほうが、絵文字満載でもっと気持ち悪かった。おえ)








160321b
大根なますというのかどうなのか。ぽん酢をかけるから合ってるのかどうなのか。
とにかく、塩もみした大根と人参をどかんと乗せるだけの簡単ポークソテー。

いつもは豚ヒレ肉でするんだけど、今回は豚カツ用ロースを使用。




160321c
手っ取り早く、ミートハンマー使用。
15年ほど愛用しているものなのでなかなか年季入ってますが。
包丁でするよりも格段に早く、簡単に繊維ぶった切りできます。手も楽です。これは持つべき道具。


左側のお肉にちょこちょこ包丁が入っているのは、ミートハンマーの存在忘れて包丁でやりかけていた為。

“包丁でするよりも格段に早く、簡単に繊維ぶった切りできます。手も楽です。これは持つべき道具。”

どの口が言ってるんでしょう。






きっとここは、ストウブピュアグリルで焼くべきなんだろうけども。

何かと面倒じゃん?
油飛びまくるしさ、
後片付けも手間かかるしさ。


160321d
塩こしょうして、小麦粉はたいて、ブレイザーで焼きましたよ。

ピュアグリル、持つ価値無し。





 160321e
大根と人参はきっと、もっと細く切ったほうが見栄えがいいと思うんだけど。
「バリバリ!モリモリ!」と食べたい私は、いつもこれ位の太さに切ります。
「野菜食った!めっちゃ食った!」感があります。

そして、付け合せの新玉葱ももれなくおいしい。





160321j
野菜たっぷり、ぽん酢であっさり、胃にやさしく。

 

とんかつ用のお肉買ったはいいけど、揚げ物するの面倒くさい時とか。

お肉食べたいけど、ヘビーなのは後々胃にくるお年頃で・・・っていう時とか。

手抜きしたーい!簡単に食べたーい!時とか。←結局ここに辿り着く。


 


野菜どっかんポークソテー、おすすめだよ
6年ぶりに、気持ち悪くなってみたよ
うふふ





おええ




*********

久々コメ欄オープン!
するけども・・・、数日忙しくなるのでこれまたリコメ遅くなりますが、お許しを。


 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 

 

 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


160319e
今朝のシェイク。





160319f
 ボボりっぷりが半端無いシェイク。
長らく美容院に連れて行ってないなあーと思って昨日TELしたら、
「明日朝一で、お受けできますよ。」と言われたので、今朝早速連れて行ってきました。

ダメ犬代表のこの人。
今頃は美容院でクオンクオン鳴きまくってるんだろうな。


**********

ハイごはんー。


160319a
昨夜はお久しぶりのこれ。
たくさんの方につくレポ頂いた、これ。

鶏団子とたっぷりきのこのスープ。

ストウブラウンド20cm使用で、たっぷりと。

作り方・レシピは旧ブログの→こちらからどうぞ。

とっても簡単なこのスープ。我が家の定番なんだけど、今期はこれでまだ2回目という・・・。
読者さんから「いつも作ってます♪」とコメント頂いたのを見て、「あ!これ全然作ってないじゃん!」と思い出しましたよ。

私の脳内、所詮そんなもん。




160319b
いつもは蓮根を入れる鶏団子ですが。
野菜室内、誰が買ってきたのか人参だらけになっていまして。(おまえが買ったんだよ!)
蓮根の代わりに人参をたっぷりと。




160319c
そしてきのこどーーん。
多すぎやしない?ぐらいの量を入れるのが正解。





160319d
簡単で、安上がりなこのスープ。
どうぞお試しあれ。




*************




しっかしとっちらかってるね。
何犬?

ボサボサにもほどがあるほどのボサボサ。

160319g
ミニチュアダックス
・・・じゃなくて。

やっぱりミニチュアアルパカに違いない、間違いない。




  ↓男前になっといで!のポチなんぞ。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村
 

 ↓読者登録してくれたら嬉し。↓

 


どうもどうも。
本日2度目の更新です。1度目は転載しただけなのでね。

***********


いつぞやの晩ご飯。

ちょっと久しぶりに作ったにゅうめん。
自分の過去記事検索してみたら、気持ちの悪い記事がヒットしました。
なんと6年も前の記事!
絵文字の使い方がなんとも・・・自分、気持ち悪いなオイ。

ブログ初めて2,3ヶ月の頃の、気持ちの悪い猫かぶりな私が見たい方は、こちらからどうぞ。

 
 160314a
ストウブ22cmラウンド使用でたっぷりと。

お肉は牛肉。細切れなんかの安いお肉で全然OK。むしろそれがいい。

そしてじゃが芋入り。
「えー!にゅうめんにじゃが芋??」って思われるかもだけど、これがうまいんだってば。



160314b
じゃが芋、牛肉、薄揚げ、仕上げの青葱。材料はこれだけ。
味付けはふつうのうどんつゆと同じです。
 



160314c
にゅうめんと言えば、私はこれ。
じゃが芋のほっこり感がたまらなーい。
小さい頃からこの味で育ってきたので、 じゃが芋が入ってることに何の違和感もありません。

そして娘も大好き。

おばあちゃん→母→私→娘。
四代に渡って引き継がれた味です。

娘が引き継ぐかどうかは、まだ不明だけど・・・・・。




「母の味は、回転寿司のえんがわです。」
っていう可能性100%。



 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 

 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


 

160312b
今日のランチは、2日目のカレーライス。




見た目なーんの捻りも無い、いわゆる“おうちカレー”。
160312d
 ストウブ27cmオーバル使用で、たっぷりと。




我が家のカレーは毎度毎度の、時短なのに1日寝かせた風の簡単カレー。
こちらとか、
こちら に作り方載せてます。


なんだか作るサイクルがやたら短い。前回のカレーから1ヶ月も経ってなーい。
簡単なんでね、ついつい手抜き路線。




作ったその日に食べても既に1日置いた風のこのカレーは、
160312a
実際1日寝かせると、
旨味が半端無い。

ですよ。





160312c
ご飯は20cmラウンド使用で3合炊飯。
ココットdeゴハンじゃなくても。
通常のピコ・ココットシリーズでも十分美味しいストウブ炊飯。
お米がツヤピカ。甘くておいしいです。






160312e
じゃがいも入れていないので冷凍もできるよ!
冷凍する前に食べきっちゃうけどね。




※リコメ、もうしばしお待ちを。。。遅くなってごめんなさい。汗




 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
  にほんブログ村

 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

ご存知のとおり。
こちらでブログを始める前は、アメブロでやっておりまして。
4ヶ月しかやらなかった旧ブログ(Cheers!!) はもうすっかり埋もれてしまったんだけど、
その前の古い方のブログ(SANAとわんことうちごはん。)のほうが、いまだに沢山の方に見にきて頂いていますようで。
主に、というか、ほぼストウブ関連の記事を。

こちら・ライブドアブログは過去ブログの持ち込み引越し(インポート&エクスポート)を全くせずに新たに一から始めたのですが、
いまだにアクセス数の多い過去ストウブの記事を数記事、ここに再掲載していこうと思います。


若干訂正or書き足しもあるかと思いますが、ほぼ同じ内容の記事です。

*************

まずはこの記事。
「SANAと~」のブログで、いまだに常にアクセス数トップ5内にあるこちらの記事からどうぞ。

【ストウブで白米炊飯を極める。】


(※追記)まだココットdeゴハンが販売される前の記事です。


↓↓以下、そのまま過去記事転載です↓↓
_____________________



初ストウブ購入から約1年4ヶ月。買った鍋の数、たぶん25個。(わからん。もうわからん。)

そんなストウブが威力を存分に発揮してくれるもの。それは炊飯。

これでご飯を炊くようになってから我が家の炊飯器は一切出番が無くなり、そして物置き場となり、そして捨てられ。
サヨ~ナラ~。

そんなおいしいおいしいストウブご飯を更にいろいろ試行錯誤・研究しまして。
極めてみました。
ヒロミ流・ストウブで炊くおいしいご飯を。



o0614043213139766158
 ポコポコと蟹穴の開く状態。これがおいしさの目安。




(※注 いろんな方法がありますが、あくまでも私の中でのベスト法です。あと、ガスコンロ使用です。IHでは時間配分が若干異なります。)


ストウブ18cm使用】 
・米2合 
・水360~380cc(極力冷水で。)


1:米を洗い、ざるにあけて15分。

2:米をストウブ鍋に入れ、水を入れて浸水30~60分。
(急ぎで時間がない時でも、「1」の時間は守ったほうがいい。短くするなら「2の」浸水のほうを短くするほうがまし。)

3:蓋を1cmほどずらして開けた状態で火にかける。火加減=中強火ぐらい。
(完全に閉めないのは沸騰の“音”を聞こえやすくする為。蓋を全開にしないのは、水分の蒸発を防ぐ為。)

4:「ボコボコボコ・・・」と音が聞こえ、しっかり沸騰したら蓋をして弱火に。(1番小さくしてOK。)
しっかり沸騰=1.5~2cmぐらいの泡が鍋まわりに均等に出ます。1cmぐらいの泡の時はまだ我慢。ちゃんと大きな泡が均等に出てから弱火に。
「ポコポコポコ・・・」じゃなくて、「ボコボコボコ・・・」です。これ大事。

5:弱火のまま9分40秒炊く。

6:そのまま蓋は一切開けず、蒸らし13分

7:蓋をあけ、混ぜて完成。



基本は弱火で「10分炊いて、10分蒸らす。」で覚えるストウブ炊飯。
これでも十分おいしく炊けるんだけど、蒸らし10分では、やや短いかと。蒸らし時間が短いと、鍋肌にいっぱい米粒が残ります。

そこで、13分に延長してみたら無問題。
但し、蒸らし過ぎもよくないので、最長でも15分までに開けて混ぜて下さい。

それから、鍋の炊飯と言えば
『始めちょろちょろ 中ぱっぱ』ですが。

この中ぱっぱを実践すると、蓋から噴きこぼれが起きます。
噴きこぼれ=水分が減る。 ので、特に実践しなくてもいいんではないかと・・・。
弱火だけで十分おいしく炊けます。



そして鍋での炊飯に必要な物=キッチンタイマー。
我が家で使ってるのはダブルタイマー。

DRETEC (ドリテック)ダブルタイマーT-177WTT-177BKT-177RD タイマー/ キッチンタイマー/ キッチン代引き送料は1380円です
DRETEC (ドリテック)ダブルタイマーT-177WTT-177BKT-177RD タイマー/ キッチンタイマー/ キッチン代引き送料は1380円です







【炊飯、失敗したなと思ったら】


ストウブ炊飯で「しまった!やってもうた!!」と思った時の対処法。
以下、全て私の体験談です。


1:沸騰して蓋をしたのはいいけど、弱火にするのを忘れていて途中で気がついた!
 =まずはすぐに弱火にして。9分40秒のところを9分ぐらいにすれば大丈夫。
意外とまともに炊けてます。

2:ぼこぼこと沸騰して、蓋をして、はいタイマーセット・・・。あれ!!タイマー作動してへんやん!
 =この場合は完全に体内時計で「たぶんあと○分ぐらい…。」って設定することになりますが。
思っているよりも短めで炊けてると思います。過去3度ほどやっちまったんだけど、全部炊きすぎてたから。泣
短めで蓋あけて、もしまだ炊けてなさそうなら、再度火にかければいいんです。


3:鍋底が焦げた!!
 =重曹水を沸騰させてそのまま冷めるまで放置。簡単につるんと焦げ汚れ落ちます。

4:どうにもこうにもおいしく炊けない。
 =シーズニングしてますか?特に炊飯用のみの使用をしていると、鍋肌に全然油膜がついていない状態になるので、定期的にシーズニングをすることをおすすめします。

5:シーズニングもしてるけど、おいしく炊けない。
 =もうそれは米自体に問題あり。炊きあがりの艶がないとか、無駄に焦げるとか。だめだこりゃ。お手上げ。






【鍋サイズ別・適応量】

「このサイズで○合まで炊けます。○合までギリギリ大丈夫!」ではなくて、混ぜやすく、適している量を書きます。
(白米の場合のみです。炊き込みご飯の場合は変わってきます。)

16cm・・・1~1.5合

18cm・・・2~2.5合

20cm・・・3~3.5合

22cm・・・4~5合



あとそれから、鍋での炊飯の場合はオーバル(楕円・ストウブの場合は奇数サイズ)よりもラウンド(丸型・ストウブの場合は偶数サイズ)のほうが適しています。



_____________________
以上、2014年1月24日の記事でした。




あくまでも私の中でのベストな方法です。お水の量だったり火加減だったり、好みもあると思いますのでご参考までに。。。


(※追記)
この記事はストウブ18cmココットを使用した場合での記事です。
20cmを使用の場合は炊飯時間10分、22cm使用の場合は10分30秒で炊いています。
 



 ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓
 

↑このページのトップヘ