カテゴリ: ■STAUB料理


娘:「今日のごはんなあに?」

私:「ぴろぴろ!」
160226b
娘:
ぴろぴろ~♪やったあー♪」





~解説しよう、「ぴろぴろ」とは~


おやっさんが愛して止まない「えんがわ」のこと。
干物の、えんがわのこと。
160226h
おやっさん、この干しカレイが大好きで。
大きいサイズのこのカレイ、一人で一尾をぺろりと完食します。




ちなみに今回、
160226i
「ぴろぴろ頂戴!」と言って私と夫のぴろぴろも全て奪っていきました。




そしてたこめし。我が家のたこめしは、いつもこれ。
160226d
たくさんつくレポありがとう!の、ヒロミんちのたこめし 
ストウブ ココットdeゴハンで2合炊き。




160226c
今回、国産の『えー蛸』使いまして。ぷりぷり具合が最高でしたよ。





160226e
「ぴろぴろとタコ~♪」
おやじ娘のテンションが上がらないわけがない。ウホウホ食べていましたよ。






160226f
小粒な新じゃが使用のじゃがバター。
ストウブ オーバル17cm使用。




160226g
私はこれ。サカッキー方式の塩辛乗せ。
酒飲み向きのこのじゃがバター。たまらんす。





160226a
さすがに娘、塩辛は食べなかったけど。
・・・時間の問題だよなあ~。

早く一緒に盃を交わしたい。







160226j
 





  ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
  にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村


 ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



あーもう。すっかりカレー口だ。
黄レンジャーよりも黄レンジャー活動をされている黄JJさんの記事見てたら、活動せずにはいられません。

JJさん、手のひらとか足の裏とか黄色くなってない?カレー食べ過ぎで。笑



160224c
昨夜はちょいと久しぶりのカレーライス。
JJさんみたいにオシャンなカレーは出来ないけれど。
『40分でできる時短カレーライス。』我が家はいつもこれです。


材料切る所から入れても、トータル1時間もあれば1日寝かせた風のカレーができます。
手間無く、変わった材料入れる訳でもなく。

詳細は旧ブログのこちらの記事を見て頂いて、と。(長年愛用している市販のルウも載せています。)




玉ねぎと人参をすりおろすだけで、1日寝かせた風のカレーが簡単にできます。
160224e
その他具材は、しめじ、Bマッシュルーム、牛すじ肉。
関西人、やっぱりお肉は牛肉使用が多いかなー。




娘:「うわあ!オレンジジュース?飲んでいい?」
160224d
飲めるのならどうぞ。ぐええええ。





材料用意したら、火にかけて。(作り方詳細は過去記事をご覧下さい。)
160224f
鍋はカレー専用となりつつある、ストウブオーバル27cm使用。
たっぷり作りたかったので、リンク先の記事の時よりも今回は多めに水を入れてます。

煮込むこと30分。
ルウを入れたら10分。

火を切り、食べる時までこのまま放置で完成~。はーやい早い。


何度も火を入れたり、
弱火で何時間も炊いたりする必要無し。
160224g
この野菜の溶け込み感、分かるかな??
すりおろすことで野菜の甘みが簡単に引き出されます。





付け合せにした半熟卵。
糸ですぱんッ!と切ると綺麗に切れるんだけど、糸用意するの面倒くさい。爆
160224B
だから私はいつも手で割ります。
いいの、家族しか食べないし。わはは






160224a
大量に作ったカレー。3日はもちます。
今回は最後に久しぶりにカレーうどんにしよう~。





日曜だけど、今日は娘の園の生活発表会の日。娘のクラスは正午前ぐらいからスタートなんだけど。
場所取りの為にもう少ししたら家を出ます。

寒空の下、何時間も外で並ばないといけない・・・。ひゃああああ



  ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
  にほんブログ村 


  ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



160222a
めずらしく夜に記事アップ。
いろいろと残念だった今夜のご飯・・・。



ストウブ ココットラウンド ホワイト22cmで、クッパ作り。
160222b
あんまりしつこくないのが食べたかったので、肉系は一切無し。
味付けはウェイパー頼りなんだけども。それ入れる1/3ぐらいは和風だしで代替。よりあっさり仕上げです。
醤油も無し。
あとは塩と少々のごま油のみ。

さらに。
奥のココットdeゴハンで炊いたご飯は、スープのお鍋に入れてコトコト炊きません。
器にご飯を入れ、その上にスープをぶっかけるサラサラクッパ。

っていうかね。
一緒に炊き込んだらずわずわになっちゃうよ・・・。
なぜならば。
お米2合なのに3合分のお水で炊いちゃったから。ははは!
↑この失敗、久しぶりにやった・・・。泣




160222c
具材感がまるでない、さらさらスープ。
お豆腐を入れてみた。これがいい仕事してくれたよー。





そして餃子。
焼くだけ餃子。
私は餃子なぞ作りません。
160222d
面倒だから。やっほい


でもねー、餃子は浮気したらダメだわ。
いつも買ってる、おいしいのが分かってるのを買わないとダメだね。
餃子って見た目は全部一緒だから、ついついパッケージ買いしちゃうんだけど。余計な浮気はほんとダメだー。

決してまずかったわけじゃないんだけども。
160222e
やっぱ宇都宮餃子のほうが好きだな・・・。


文句言うなら自分で作れってね。
ごめんなさい。それはごめんなさい。




そしてクッパ。
160222f
あっさりクッパ。




豆腐が美味。
・・・・でもな・・・。
何かが足りないんだよな・・・。
おいしいんだけど、何かが足りないんだよな・・・。
160222g
と思いつつ、完食。
した後に気がついた。



仕上げに溶き卵入れるの忘れてたーーー。
それ忘れたらあかんやつーーー。






160222h
自分お疲れ。






  ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
  にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
   にほんブログ村


  ↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓



もうこれで何度目なのかな。
リーダーの早とちり。


160221k
まだうずまき君続行でしたよ・・・。

抜糸するもんだとばかり思っていたら、自然に溶ける糸を使っている、と。1ヶ月~1ヵ月半で自然に取れる、と。
再縫合したのが1/28だったので、もうまもなく1ヶ月。
糸が取れた頃には、カラーも外してよい。とのこと。
とりあえず病院通いは昨日で終了しました。



昨日は娘が帰ってきてからお出かけ。
出かけるとすぐに外食してしまうので、下ごしらえ完了してから出かけましたよ。

下ごしらえ放棄もしょっちゅうですけどね。




160221a
昨夜はストウブブレイザーで、『鍋どん!』の簡単ご飯。




ブレイザーの中身は、
160221b
きのこともやしの蒸し料理。
お財布に優しく胃に優しく。そして簡単。偉いぞストウブ。



ストウブ持ってる人ならみんな作るであろう、この野菜蒸し。
おいしいねおいしいね。
野菜が甘くておいしいね。

そんなストウブでの野菜蒸し、我が家には鉄板の法則がありまして。




160221c
底玉!
これがもうあーた。う―――――んまいのなんのって。
油をひいて十分に熱してから焼けば絶対くっつきません。
私は完全に焦げ付きを阻止する為に、『2段の熱し』を行います。

・油をひいて薄煙が出るまで弱火で熱する。
・火を消し、そのまま放置10~15分ほど。(完全に冷まさなくてOK。つーか時間もテケトーでOK。)
・再度火をつけて薄煙が出たら、食材を焼く。

上の画像、所々焦げが見受けられますが。これは一緒に焼いたベーコンを取り出した後。
でもね、大丈夫。『2段の熱し』をしているから、こびりついたりしていません。洗う時もスルッと落ちます。


玉ねぎを片面だけ焼いたら引っくり返して軽く塩こしょうして、
160221d
きのこたっぷりと、取り出したベーコンをどーん。
その上にもやし一袋どーん。

塩こしょうと白ワイン、もしくは料理酒を入れて、蓋して6~7分放置。



160221e
あーもう簡単!





きのこともやしアピールはそこそこに、
160221f
いつだって玉ねぎ推し。
きのこやベーコンの旨味を存分に吸った底玉。鼻の穴全開で吠えましょう。みんなで吠えましょう。

「ふまーーーーーい♡♡」




160221g
もはや玉ねぎメイン画像。





ストウブラウンド20cmで、
『丹波の黒豆とさつま芋のおこわ』
 160221h
私の実家は兵庫県丹波市。
昨秋、たくさんのブロ友さんに豆テロ。を起こしまして。
我が家、まだ冷凍庫に残ってるよ…。



黒豆のおこわは最高においしいのですが。今回は娘の要望に付き、さつまいもも追加。
160221i
Wほっこりで、これまたうまいー。





160221j
冷凍庫内の黒豆、4ヶ月経過。

冷凍庫は永遠。





  ↓ポチしてくれたら嬉し。↓
 にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
 にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

 


娘の通っているスイミングスクール。
娘の通っている時間帯は幼稚園児が大半で、いつも40~50人ぐらいいるんだけど。

娘の園が代休だった昨日。
いつもよりも早い時間に変更して行ったらば。

準備体操する部屋、いつもは40~50人の子供達がわちゃわちゃ走りまわって、キャーキャー言って、
とっても騒がしい部屋が、


160219c
娘一人。ぽつーん








「わーわーわー!!声が響く~。きゃはははは!!」
160219d
 一人ウホウホ。









「えいやっ!きゃははは!!」
160219e
私: 「あんまり調子に乗ってたらこけるよ!」

娘:「ひとり~ひとり~♪きゃはははは!!」

私:「こら!ゴリラ!こけるよ!」










160219f
お母さんは忠告したぞ。




 その後、3歳ぐらいの男の子が4人だけ来て。
合計たったの5人。
いつもは1グループ12人ぐらいに一人のコーチ。なのに、

この日は子供5人に3人のコーチ。
ほぼマンツーマン教室でしたよ。 


************

スイミングが終わって買い物に行って、安くて立派な鰤のアラを発見。
大根は家にあるし、よ~し、鰤大根に決定だー。

買い物から帰ってきて、ご飯の用意をし始めたのが16:30頃。
我が家、18:30頃にはご飯だけど、ストウブで炊くから時間はこれだけでも十分。

ストウブで炊けば、かなり時短になります。
時短の調理器具と言えば圧力鍋ですが。

圧力鍋は素材の細胞・繊維を破壊して軟らかく仕上げること。
よって、根菜類とか炊くと、「ふにゃふにゃ・へにょへにょ」とした食感になってしまいます。

が、ストウブはちがーう。
ちゃんと、炊いた大根の歯応えはあって。
でも、中までしみしみで。



炊いた時間は40分ぐらい。その後、そのまま放置で30分ぐらい。
それで3cm幅ぐらいに切った大きな大根も、しみしみ~。
160219b
そしてストウブは煮崩れもしないので、面取りもしなくなっちゃった。
見た目的にはしたほうが綺麗んだけど。手抜き出来るところはしますよ、わっはっは


今回の鰤のアラ。
ものすごく立派なカマが一つ入っていて。
「うわあ・・・。これは塩焼きで食べたい。塩焼きにしよう。」って思いながら、

160219a
面倒くさくなって一緒にぶち込んだ。

なんだかビジュアル的にどうよ?ってな画づらですが。
お上品に炊いたのよりも、"おばあちゃんちの"的な感じの鰤大根のほうがおいしいよね?ね?ね?
誰かに同意を求めていますよ。


1時間も炊かずとも、1日置いたような味。
ストウブ、優秀。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ
にほんブログ村 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓

 

↑このページのトップヘ