カテゴリ: ■STAUBじゃない料理

190117a
*野菜とウインナーの蒸し焼き
*ミニ野菜ラーメン
*明太ビビンバ





少し前に、オーブンで野菜の蒸し焼きをしたらすごーーーーく美味しくて。
椎茸と蓮根がめーーーちゃくちゃ美味しくて。

こりゃ簡単だし、またやろう!と思ってて。


そしたらその数日後に肉厚で大きく、うまそな椎茸を発見。

190117b
すっごい大きい!


ん?


大きさ分からない???

いやいや、めーーちゃくちゃ大きいんだってば。


ほら、





















190117c
DEKAI







でね、前回した時は記事にはしてないんだけど、
その前回の時の画像が↓これ↓で。
190117r
椎茸と蓮根、足りずに取り合いだったわけ。
(私、芋栗南京あんまり好きじゃない非女子なので、ひたすら椎茸蓮根椎茸蓮根)





だから今回、このDEKAI椎茸使用して大量に用意してやったわ!
190117d
椎茸がでか過ぎて、ジョンソンヴィルのウインナーが小さく見える目の錯覚。








190117e
天板みっちみち。



オーブンの「スチームグリル」コースで放ったらかし調理。

嗚呼簡単。



190117f
できあがり~。





190117g
じゅわじゅわのエキスが出た椎茸。
こりゃたまらん。






190117i
シンプルに塩で頂きます。
もちろん、あのおいしい藻塩で。


やーばい、DEKAI椎茸うんまい。蓮根うんまい。
大量食べ放題!
大量にし過ぎた!


 おいしかったから。って調子に乗った。
 椎茸多い
 蓮根多い
 次回はもうちょっと減らす









我が家のリピ商品、カルディの「めんたいビビンバの素」
190117j







ほんとはお茶碗(大盛り)2杯に混ぜるみたいですが。
190117k
ほんとは盛り付けた後にかけだれをかけるみたいですが。






毎回、
190117l
フル無視。

ストウブで2合炊飯し、中身全てどばー。で混ぜ込んでやるわ!






190117m
うーんおいしい。

2合で混ぜ込むぐらいがちょうどいいと思うよ。








190117n
数日前に鍋をして残った野菜でミニラーメン。

麺もその時の〆用で用意していて、残った1玉分を3人で分けっこ。
・・・それでも多かった。ぐるじい

 全て椎茸と蓮根のせい。 
 ぐるじい






190117o
いつもご飯お代わりする夫も、この日はしなかった。

全て椎茸と蓮根のせい。


↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓




何事もほどほどに











190112a
*鰆の竜田揚げ
*だし巻き
*大根なます
*高野豆腐の卵とじ
*鶏ひき肉じゃが
*セロリとパプリカのピクルス
*ちぎり豆腐の豚汁






身厚な鰆を見つけたので、よっしゃこれだ!間違いなくこれだ!

鰆は絶対これ!
190112d
竜田揚げ!

塩焼きも当然おいしい鰆だけど、竜田揚げは一押し中の一押し。



それは随分と前にも書いたんだけど、
 ↓↓↓
鰆の竜田揚げの旨さはほんとに唸る旨さ。

今のところ魚界No.1の旨さ。




190112b
ストウブで揚げりゃーもう、それはそれはふわっふわで、
まい♡」

鼻から声漏れるやつ。




190112c
まあちょいと日焼けし過ぎた感もあるけれど
それでもウマイ。ああウマイ。

ちょっと薄めな切り身の時は塩焼きでいただくとして、

身厚な切り身を見つけた時は、是非竜田揚げで。






この日は確かこの竜田揚げと、
190112e
だし巻きを焼いただけ。





190112f
パプリカとセロリのピクルスも、
大根なますも、
高野豆腐の卵とじも、
鶏ひき肉じゃがも、




190112g
ちぎった豆腐がうまいキャベツ豚汁も、

全部2日目。





190112h
前日の自分、グッジョブ。






ところで。
このsakuzanプレート、今すごい人気ですね。

あちらこちらで目にするようになりました。
 ↓↓↓


↓ここ↓とか、
SAKUZAN サクザン Sara 作山窯 オーバルプレートL | オーバルプレート オーバル 皿 マット 陶器 食器 白 シンプル おしゃれ おうちカフェ 美濃焼 和食器 かわいい オシャレ 男性 可愛い 日本製 和 和モダン 和風 誕生日 プレゼント ギフト
SAKUZAN サクザン Sara 作山窯 オーバルプレートL 


↓ここ↓では、
【SAKUZAN 作山窯】「Sara」オーバルプレートL 大皿
【SAKUZAN 作山窯】「Sara」オーバルプレートL 大皿


定番以外のカラーも豊富にあるようです。
こりゃあ欲しくなるなる。
見ているだけで物欲全開。


うーん
でも今我が家は器よりも、






カーテンが先。



なんだその現実味溢れる欲しいもの。


↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



ボロボロなんだわ














1週間ほど前のご飯。

190110a
*豆腐入りふんわり鶏つくね
*貝割れ生ハムトマト ←ネーミングの天才か。
*ししゃも
*たまごスープ
*さつま芋のきんぴら







「つくね、美味しい♡」

娘8歳・小学3年生。

ご存知のとおり、食の好みがTHE・オッサン。な娘。




挽き肉料理が大大大嫌いで、なのに今から約2年前におかしな事を言いはじめ、以降食べられるようになったハンバーグ。
↓↓↓


でも、鶏のつくねだけはどうしてもクリアしてくれなくて。

スープや鍋料理に入れる鶏団子は大丈夫なのに、
いわゆる“焼き鳥屋さんのつくね”がクリアできない。

焼いた食感と、あの甘辛なタレが娘は苦手。



けど、もう強行突破してやったわ。



娘:「今日のご飯は何?」

私:「今日は鶏つくね~。」


なんて言おうものなら100万馬力で拒否されるので、





娘:「今日のご飯は何?」

私:「なんか肉。」





しれっと置き、しれっと食べさせた。

190110b
「何?これ何?おいしいやん。」

「これ、つくねやで。はっはっは」←超ド級のドヤ顔。




あっさりとつくねクリアしてくれた。
なんなんだ。

きっと挽き肉嫌いなのって、あの食感がだめなんだと思うので
こねこねしまくりーの豆腐を入れてふわふわ仕上げ。

成型するのがちょっと難しいぐらい豆腐を入れてふわふわ仕上げ。


よーし。
母さんはもうこれからは、心置きなくつくねを作れる。



190110c
貝割れ生ハムトマト(ネーミングの天才)は、
「あともう1品!」と思う時の、3分でできる簡単スピード料理。



今回はトマトでやったけど、
やっぱり断然こっち↓↓↓のほうがウマイ。





この貝割れ生ハムトマト(ネーミングの天才)の器は先日の和食器福袋に入っていたもので、
190110d
これがまた、すこぶる使いやすくて。






2種類の大きさが入っていて、今回のは小さいほうを使用。
190110e
3人家族でどちらも4枚ずつ入っていたのはさてどうしましょう。っていう感じだけど、
ここの福袋は来年も是非買いたい。







190110g

さっき学校からの一斉メールが届いた。

娘のクラス、明日から3日間学級閉鎖だって・・・
ってことは、5連休になるのねそうなのね



↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓


娘、入学してから今まで皆勤。
(ア○は風邪引かない。ってのはあながち間違いでは無い。)









家計簿、付けたことありません。

理由は思いっきり性に合わない。ただただ面倒くさい。
カード払いしてることもあり、いくら落ちてんだかチェックもしない。まるで知らない。


何気なくした日々の会話で、

「食費っていくら?」
「電気代って今の時期いくらになる?」 

って聞かれたら、




決まって

「う、う~~ん・・・。知らん・・・。」



いえーい
ダメ主婦
いえーい




どうなんでしょう?
みんな、把握してるの??

もうこればっかりはほんと性に合わないので、無理して付けても3日坊主どころか、1日坊主になるのが目に見えている。
150%見えている。

がしかーし。
なんとなく、食費だけ管理してみよう!と思ったのは昨年の10月から。

でも、面倒くさいことは大嫌い。死ぬほど大嫌い。1日坊主万歳。





そんな私が、10月から3ヶ月続いた方法がこれ。
(たかだか3ヶ月で「」)


ちなみに、酒代、外食費込みです。調味料とかも、口に入るものは全て。
お米だけ実家から貰ってます。


190105a
その日のレシートをその日に書き込むだけ。

超簡単カレンダー家計簿。



で、1週間分を合計した額を週末に書き(我が家は土曜日)、
190105b
月末にそれを合計する、と。

(あ。免許更新行った行ったよ。わは。消し忘れ。)



記入する額は、1円単位まで書いてません。四捨五入。
イッツァ アバウトですから。
合計計算簡単だし、これで十分。


10月・51,450円

と書いたところで、これが使いすぎなのかこんなもんなのかよく分からない、という。





はい、11月。

190105d
11月・43,900円


11月は結構頑張った?
と見せかけてからのー、

びっくり12月。
  ↓↓↓





190105f
12月・70,000円

な、な、ななまんえん!!!
(謎の絵は謎。何これ娘よ。)


ボーナス出ておいしいモノ食べたり、
年末に向けていいモノ食べてたな、確か。


なにかと出費多かった年末。まあ仕方が無いか。
・・・にしても、ちと使いすぎじゃないか??



っていうのが、このカレンダー簡単家計簿で分かるようになった。

これはズボラ主婦向きです。
私クラスのズボラ主婦向きです。

書いてすぐにレシートぽいぽいできるし、
財布の中もすっきりするよー。


***********


ということで、70,000円も毎月かけていられないので、今年に入ってからは財布の紐は固めに。
(正月期間、散財しましたけどね。例の福袋とか。)


2週目以降は地味な和定食続きです。
冷蔵庫一掃月間で、「冷蔵庫にあるものご飯」

190106a
*具材少なめ筑前煮
*秋刀魚の開き
*青梗菜のにんにく醤油炒め
*キャベツのコールスロー
*もずくと豆腐のすまし汁







190106b
椎茸や蓮根も入れたいところだけど、冷蔵庫にあるものだけで。




190109c
ストウブでもりもり炊きました。





190109d
冷凍していた秋刀魚は、大根おろしもなーんにも無し。イロケナイネー
筑前煮に全部入れてしまった。




190109f
1株だけ残っていた青梗菜。
自家製にんにく醤油でさささーとな。





190109e
もずくは三杯酢とかにすると娘が食べないので、
こうやって汁物で消費することが多い我が家。


酢が苦手な娘は、酢の物とかを食べると般若より般若な顔をする。





190106g
なかなかの地味っぷりですが。
最近こんなご飯が多い。




さあ、1月の食費はいくらになるかしら?



↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
にほんブログ村 料理ブログへ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓




4万台で抑えたい。









190103a
ちろり








190103d
ちろり(二重あご…)







ああ。。。

ずっと見ていられるわ。
19103c
朝から癒された。









・・・・・ってこれ11月の画像。









***********


190104a
*ベーコン&トマトパスタ
*しらすサラダ
*パプリカとセロリのピクルス
*パン





で、
これは11月22日のご飯。

まだまだ続くよ
いつぞやシリーズ。




コストコで↓これ↓買ってきたら、必ずやるやるお約束は、パスタ。

190104b
ぎゅっとジューシーな甘みのあるこのベーコンは、スーパーでよく見るかたまりのそれが食べられなくなるぐらい、まじでウマイ。

いつも小分けして冷凍してます。
冷凍庫に入っていなかったら不安になるやつ。




ごろごろと大きめに切って、
さらに玉ねぎも大きめに切るのが我が家流。 
190104c
しっかり“ソースを食べる”パスタ。






パプリカとセロリのピクルス。
190104d
大好物のセロリ。

でも私しか食べないので滅多に買わないんだけど、
確かこの時、おかわりしまくった記憶が。

久しぶりに見たら食べたくなってきた。
よーしセロリ買いに行こう。








190103e
半目。









パンを焼いてみましたよ。
190104e
嘘です。

買ってきたやつです。当然です。焼けません。




この、パンに添えているオリーブオイル、
これもコストコのなんだけど。


これが実にうまい。
そして実に優秀。
190104k
『mini oliva』1個14ml入り。
大匙スプーン約1杯分の、使い切りのポーションタイプ。


酸化も防げるしなによりもウマイ。

100個と相変わらずの大容量ですが。


【minioliva】 EXオリーブオイル 個包装 小分け オリーブオイル エキストラバージンオリーブオイル 100個 コストコ 大容量 スペイン 100P テレビ ボン ボン商会 bon 大阪 輸入 輸入食品


楽天でも売ってるけど、こりゃあ高い、勿体無い。
コストコで買うのがいいね。





190104f
前日のご飯。

な記事が書けるようになるのはいつのことやら。

前日のおじさんもね。



↓ランキングに参加しています↓
ポチっと応援ありがとう☺︎
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

↓読者登録してくれたら嬉し。↓




よく見たらちろり
190103f
だは~













↑このページのトップヘ