カテゴリ: ■STAUBじゃない料理

160603k
今朝のおじさん。
朝日をサンサンと浴びて、いつもの光合成中。




「あー。気持ちええわ~」

「あー。」

「あー。」

「あー。」


って絶対言ってる気がする。
160603l
すごいアホ面で寝てますよ。



***********



昨夜は手羽元が安くで売っていたので、BBQソースに漬け込んで、
夏野菜も一緒に、久しぶりにストウブグリルで焼こう!

160603c

自家製BBQソース。
毎度のテケトー配合ですが、レシピどうぞ。


【手羽元に合う・BBQソース】 (手羽元8~10本分位)

・玉ねぎ 中サイズ1/2
・にんにく 1片~2片(お好みで調節を。)
・濃口醤油 大さじ2
・ウスターソース 大さじ1~2
・焼肉用のたれ 大さじ1

・塩、こしょう がっつり多めに


玉ねぎとにんにくはすりおろします。

以上を肉と共にリードパック等に入れ、もみもみして冷蔵庫で寝かせて完成。はい簡単。

寝かす時間は2時間もあれば十分です。
もちろん1日寝かすとかしてもOK。

手羽元は味が染みこみやすい&焼きやすいように、開き切りしています。

(※青文字の調味料に関しては、「たぶんこれぐらい。」と、今これ書きながら想像で書いた分量です。
相変わらず目分量なもので、ええ。テケトーでもうしわけない。)




ストウブグリル。
出したのはいいけど、昨日は暑くてね・・・。
コンロ前に立つのがイヤイヤ!ってことで、

160603d
結局オーブンで焼いちゃった。アハハ!




まずはお肉だけ7割ぐらいまで焼いて、


160603e
隙間に野菜をつめこんで、ぎゅうぎゅう焼き。

野菜は乾燥してしまうので、焼く前にオイルスプレー必須。




野菜入れてから5分ほど。グリルコースで再加熱。

160603a
完成~。




ぎゅうぎゅう焼きは、お皿に移し変えてもぎゅうぎゅう。
160603f
大きなプレートが無~い!(泣)






160603i
ストウブグリルもいいけれど。
オーブンもいい仕事してくれるんです。(←完全なる言い訳。)





160603g
すりおろした玉ねぎがお肉を柔らかくしてくれて、風味もばっちりビールがビールがすすむくん。
娘、4本も食べてた!





そして、とうもろこしご飯。
160603h
とうもろこし、今回はこれもグリルで焼くつもりで買ってきたのに、
ついつい包丁で削ぎ落としてしまいまして。

「あ!」

ですよ。半月切りにしてグリルするつもりだったのに、

「あ!」

ですよ。


とうもろこし=ご飯。←この構図が完全に出来上がってしまっている…。





160603j
ここ最近ずっと、『プリン体オフ・糖質ゼロ』とかいう、アルコール分2.5%の、まるで水のような第3のビールばかり飲んでるんだけど。
これがまた、いくら呑んでも酔わない。

で、昨夜は久しぶりにスーパーなドライを呑んだら、速攻で酔いがまわった~!
そうだ、これがビールだ!っていう感じだった。


来週あたまに、久しぶりに会う友達と飲み放題のお店に行くんだけど(昼間から。笑)、
私、生きて帰ってこれるのかしらね??



酔っても悪酔いはしないんだけど。
ただひたすらテンション上がるだけなんだけど。

笑いながら寝ちゃいそうよ。



160603M
おじさん、一緒に気持ち悪い人になろうか。






↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram


「植え替え」という手術をした後は、底から流れ出るまでお水をあげた後は、そっと安静に、が大事。(らしい。)

元気が無くなったからと言って栄養剤を与えたり、日差しに当てたりするのは、
手術した後にまたメスをいれるようなものなので、とても危険な行為でそれは避けたほうがいい。(らしい。)

あのウンベラータ。

みるみる葉の色は黄色く変わっていき、
あれよあれよと落葉していき、

それでも見守ることしか出来ない。




結果。

160525h
家族を招集され、まもなく天に召されるウンベラータ。



そこで、だ。

荒治療してみようかしら、と。

このままで復活は絶対にありえない。
間違いなく天に召されるんだから、それならいっそのこと、再手術してやろうかと。


まだ、鉢内は乾いていない。
乾いていないのに、たーーーーーーーーーっぷりお水を入れてやった。
イチかバチかの荒治療決行。



その結果。






なんと、








葉っぱが、








160527a
上を向いた~~~!!!






荒治療、大成功。

落葉大量にしてスッカスカになっちゃったけど、
生命力はかなり強いウンベラータ。
アフリカ生まれのこの植物は温かいところが大好きなので、
これから夏本番に向けて、ぐんぐん成長していってほしい。切なる願い。まじで。頼む。

我が家に来たのが運の尽き。だったけど。
我が家にくると、丈夫に育つよ?笑



**************

1週間ぶりのごはん記事。

いつだったっけな、随分と前のごはんです。書く暇が無かった・・・。


160519b
*たらことアスパラの和風クリームパスタ
*何やらサラダ 記憶にない
*何やらスープ 覚えとらん



あ、そうだそうだ。久しぶりにキョショーのTVを観て食べたい!と思ったから、
これは5月末のごはんだったと思われるような気がするような違うような。



そのTVはたらこじゃなくて桜海老使用だった。
それはいいとして、このアスパラの切り方がいいな~と思って真似たんだっけ。




いつもの斜め切りとかじゃなくて、ピーラーでおろしたアスパラ。
160519a
パスタが茹で上がる30~40秒ほど前に、一緒に茹でました。

これ、いい。
食感がすごくいい。
またしよう~。




牛乳、昆布茶、黄身、麺つゆで仕上げた和風クリームソース。
生クリームは不使用です。

160516d
やたらと水分が無いように見えますが。

やたらと水分が無かった。

水分多めに作ったはずが、全部吸ってなくなっちゃいましたよ。(泣)




*************



大手術を終え、復活の兆しがみえてきたウンベラータ。

今から1週間程を耐え抜いてくれたら、もう安心できるかな。

しっかり光合成しておくれ!








おまえさんはもういいんじゃない??

160527b
    /ボク10歳。まだまだ成長途中。\





↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

 

160520a
*野菜の肉巻きスピードアップver.
*とうもろこしご飯
*大根サラダ
*冷奴
*じゃが芋の味噌汁
 





最近あちらこちらのブロガーさんの所で見ていた肉巻き。
そう言えば長らく作ってなかったな~と思って、昨夜は早速。
160520f
豚肉は激安ペラペラの切り落としロースしゃぶしゃぶ用を使用。


お肉巻き巻き、ああ面倒、ああ面倒。
なんだけども。

少しでも早く、時短でやっちゃいますよ~。



えらく古い記事ですが。
しかも揚げ物ですが。
過去ブログのこちらの記事のとおり、我が家の肉巻きは、ずぼら肉巻き。

=別名:横着巻き。

 


160520c
お肉は3枚まとめて巻いちゃいます。

さらに、中に入れる野菜の火のとおりを気にせずすむように、
野菜は先に炒めておきます。





160520d
「まだかな?中まで火通ったかな?まだかな?」
な~んて思いながら焼いていたら、お肉が硬くなってしまう。

それに、焼いている最中に野菜が縮んで隙間ができる。=お肉バラバラ事件になる。
っていう心配がないから、先に野菜を焼いておくのはおすすめです。

野菜は先に炒めておくと、お肉がとっても巻きやすいという利点も。





160520e
小麦粉を刷毛でうすーくまぶし、フライパンへ。



・野菜は先に炒めておく
・お肉は3枚(焼くフライパンの幅に合わせて調整を。)まとめて巻く

たいしたことでは無いんだけど。
少しのことで、時短で肉巻き完成です。





160520g
大根おろし+ぽん酢であっさり食べよう!!
と思っていたけど、大根をサラダにしてしまってごめんなさい。

普通に生姜醤油を煮詰めて食べましたよ・・・。





そして、これの季節もいよいよ到来ですね。
160520h
ジュンジュンさんの、とうもろこしご飯。





とうもろこしが安くで売っていたので、2本買っちゃった。
160520i
冷凍する為に、ストウブ22cmでどどんと4合炊き!
週末の娘の運動会にも持って行こう~。





160520j
ジュンジュンさん、今年も炊きまくるよ♪









160520b
以上、ごちそうさまデシタ。




↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら(まあまあ放置中)↓
Instagram


結婚して9年弱。プラス同棲期間が1年。 

約10年にして、昨夜は初めてこれを家でしました。

↓↓↓

160518c
手巻き寿司!

どんだけ材料余るんだ!と思ったら、夫と2人で家で手巻きするなんて考えたことも無かったし、
娘が生まれても、彼女の食べれる分なんてたかが知れてるし、

と、今まで我が家の食卓にのぼることは無かったんだけど。


そんな娘ももう6歳。
2,3歳の頃はおいなりさんと、うどん。以上で終わりだったけど。

今ではお寿司屋さん(く~るくる)に行くと、
えんがわ、鮪、はまち、えんがわ、鉄火巻、えんがわ、海老、えんがわ。


「今日のご飯、外で食べようか。どこ行きたい?」
って聞いたら、食い気味にいつも
「寿司!えんがわ!」と答える娘。

こりゃあ、おうち手巻きする価値あるな、とようやく思えるようになって。




子供が大好きな物も、もちろん用意です。

ツナマヨに、

コーンマヨに、

かにかま。

160518e
嘘です。



「要らん!ツナマヨ?要らんそんなん絶対要らん!」

うちの娘は58歳児。当然の反論。
今まで一度たりとも、その手のものを口にしたことがありません。

ハンバーグの軍艦??
大好きな唐揚げが軍艦??

「これは寿司じゃない。ありえへん!」

らしいです。
6歳です。
58歳児です。





私のツボはこれ。
160518f
いか梅。



かいわれとオクラも一緒に巻いた、いか梅オクラ。
160518g
うまーい♡

ひとりで5個ぐらい食べちゃった。





おうち手巻き寿司。
初めてやって思ったんだけど、思ってたのよりも意外と用意が簡単でびっくり~。
もっと手間がかかるもんだとずっと思ってた。

魚類は切るだけだし、
酢飯炊いて、卵焼き作るぐらいだもん。楽ちんなんだね、知らなかったよ。


問題は値段か…。

でも、魚類はセットになった安いのを買ったし、
いくらはいくらと見せかけて、安価なマスの卵。←娘、分かってないし、こりゃあいい^^



もう一つ問題は、
えんがわが手に入らない。笑

160518d
「えんがわが無い!ぷりぷり!」
とはならなかったので、おうち手巻き、またしよう!





娘と盃を交わすまで、あと14年。

その頃の彼女の味覚はどうなってるのか。

末恐ろしや・・・。





↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram


このブログでよく登場する塩鯖。(ええ、好き過ぎて好き過ぎて。)

一番はやっぱりこれ→鯖の炊き込みご飯ですが。 



今回はお酒に合う、大人のおつまみ料理。


160515a
鯖を使ったポテトサラダ。




白ご飯に塩鯖。
で、食べようと思って買っていた今回の切り身だったけど。

ついうっかり。
「おや。これは何かね。あら、鯖だったのね。」
いつものことですね。ハハハ


取りあえず、焼いておかないと。
で、取りあえず、ほぐしておこう。
で、冷凍しましょうか。

↑↑↑

我が家は、このパターンがやたら多い。
ほぐして冷凍しておくと、塩鯖は色々使えて便利です。



今回はストウブでじゃがいもを茹でまして。
160515c
解凍した鯖、オニオンスライスを入れてポテトサラダに。





味付けは
・マヨネーズ
・からし
・塩(鯖の塩分があるので、少しでOK)
・ほんの少々、隠し味程度の醤油

手っ取り早くからしマヨネーズ使用でもOKです。

160515b
小口の葱をちらしてできあがり。

じゃがいもは茹でたてホクホク温かいままでもいいし、冷蔵庫で冷やしてからでも、どちらでもいけます。






160515d

大人のためのポテトサラダ。

どうぞお試しあれ。





↓ポチしてくれたら嬉し。↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
 


↓読者登録してくれたらもっと嬉し。↓


↓インスタはこちら↓
Instagram

↑このページのトップヘ