カテゴリ: ■STAUBじゃない料理


子供らしい食べ物が苦手な我が家のおっさん娘。

古くからの読者様はご存知の通りですが、ハンバーグを食べると、嫌いすぎて


ffe3f9ba
く。
という暴挙に出るオッサン口の娘。



そんな娘が、

ガス○トのCMでチーズびろーーんとなっているのを観て、


「ハンバーグが食べたい。」

と、それはそれは摩訶不思議なことを言い出したのは今年の春のこと。


「ファミレスなんて、食べられるものが無い。」
と言っていたあのオッサン口の娘が、あの娘が、

ガ○ストに行ってチーズinハンバーグを食べたい。と。

「え?まじで??」
「え?どないしたん??」
「それ本気で言ってんの??」
「何?どうした?頭打った??」

私と夫に総攻撃される娘。


「うん、まじ。ガストに行きたい。ハンバーグ頼みたい。」



う、う、うん。分かった。
い、いいよ、ガスト行こう。←かなり半信半疑


彼女の気が変わらないうちに、すぐに行くことに。
「ファミレスに行きたい」という時点で既におかしな話だし、更におかしな、大嫌いなはずのハンバーグを彼女は注文し、そして食べた。

もぐもぐもぐ。
もぐもぐもぐ。

そして娘は言った。




「ハンバーグ、















おいしい





まああああ
じいいいいい
でえええええええ!


大嫌いだったエビフライをクリアし、
オムライスもクリアし、
そしてカレーライスもクリアしていたけれど。

どうにもクリア出来なかったのがハンバーグ。

そんなハンバーグを、7歳になってやっと「おいしい♡」と言うようになったああああ!!


よーし来た。
よーし来たぞ。

これで心置きなくハンバーグが作れるんだ。
自分で言うのもなんだけど、母さんはハンバーグが5本、いや、3本の指に入る得意料理なんだ。

なのに、オッサンが過ぎるあなたの嗜好のおかげで、母さんはあなたが生まれてから数回しかハンバーグ作ってないんだよ。

 


ということで。

タミフルの副作用でおかしな事言い始めたけど、やっぱり無理だった。

の時以来、久しぶりにハンバーグ作ったーー!!!



p9170620
得意な料理だと言うのに、約1年4ヶ月ぶりのハンバーグ。


うまい。
嗚呼、うまい。
やっぱり自分で作るハンバーグはうまい。
この際自画自賛しまくってやるんだから。

p9170620a
最高最高!超うんまい!





そんな自画自賛ハンバーグの作り方は、上記のタミフル記事から飛んで頂いて、と。
p9170620f
やっぱりハンバーグ焼くのはストウブブレイザーがいいねいいね。

ふっくらじゅわじゅわ・肉汁ジュワ~。
ジューシーハンバーグ。



ケチャップ+ウスターソースのお手軽定番ソースももちろん大好きだけど。


p9170620g
私は断然これ。

玉ねぎドレ5:ウスターソース2~3:砂糖1

の割り合いで作る、これまた簡単お手軽ソース。

お手軽さは変わらずに、このソースで洋食屋さんのハンバーグの味が簡単に再現できるんです。
大人も子供もみんな好きな味だと思う。





ガストのチーズinハンバーグで「わおーん♡」と吠えた娘、

チーズ入れずに
「う゛おらぁぁぁ!」って違う吠え方されても困るので、娘と夫のはチーズinで。





ようやく娘から

p9170620e
「お母さんの作ったハンバーグおいしーい♡」

の言葉を頂きましたよ。母さん感涙だわ。 


ハンバーグ、これにてようやくクリアです。いえーい







p9170620i
今期既に4,5回目のとうもろこしご飯。






p9170620h
野菜サラダに、





p9170620j
きのこと春雨のスープ。








p9170620k
「お母さんの作るハンバーグはもっとおいしいで」
「お母さんの作るハンバーグはもっとおいしいで」
「お母さんの作るハンバーグはもっとおいしいで」

ガスト以降、"洗脳"してくれた夫にも感謝。笑




↓クリアおめ♡のポチなんぞ↓


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



でも「チーズin」じゃないハンバーグを作ったら
また泣くのかしら。

ノォォォ!!







p9170618b
苦手な真上から撮影をやってみた。

やっぱりどうにもこうにも下手っぴだ・・・






p9170618a
*烏賊のトマトガーリックパスタ
*たらこパスタ
*ジャー風野菜サラダ
*ビシソワーズ





すごく久しぶりにトマトソースのパスタが食べたくなって。

でもおっさん(娘)の大好きな烏賊入りだというのに、トマトソースは断固拒否するので、おっさん(娘)の好物・たらこパスタとの2種類で。






p9170618c
にんにくがっつりなオイルで炒めた烏賊がうんまーい♡

捌く時に思わずイカ墨をまな板の上で破ってしまい、大惨事になっちゃったー。エライコッチャー






「上に葉っぱとか海苔とか乗せるのはやめてくれ。」
おっさん(娘)の要望により、
p9170618d
色味無し。





よって、トッピングはご自由にどうぞスタイル。
p9170618f
上から
追いバジル、グラナパダーノ、刻み海苔、水菜。


「麺類に海苔乗せるん無し!」らしいです。
「海苔は白ご飯で食べるもの!」らしいです。

おっさん(娘)のこだわり。







2種類のパスタを同時進行しようと思うと
鍋まみれーの、
コンロはいっぱいいっぱいーの、
時間が押し迫ってあたふたしーの、

になってしまうので、片方は鍋を使わないパスタが楽でいい。



ボウルに溶かしバター、麺つゆ、たらこを混ぜておけば、
茹でたパスタ投入でハイ完成。鍋要らず。
p9170618e
さらに今回はほぐしたらこを使用し、時短時短~。







p9170618h
ビシソワーズも、




↓こちら↓の力を借りまして。


p9170618i
冷やして封を開けるだけ。「時短」どころの話じゃない。






p9170618g
野菜サラダはジャー風仕上げ。







p9170618k

烏賊のパスタに
たらこのパスタ。

プリン体まみれ。



↓プリン体うまいんだよなあ~。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



体もプリンプリンのぽよんぽよん


だっだーーん
ぼよよん
ぼよよん

 





とあるショッピングモールに家族で出かけていた昨日。

前日に「お肉が食べたい。」と言っていた娘に、

「晩ご飯何食べたい?」
と改めて聞いてみた。


「んーと・・・。刺身!」


安定のおっさん回答が返ってきましたよ。肉ちゃうんかい。

「刺身刺身~♪」
と言いながら、魚屋さんに走って行く後ろ姿が、完全に58歳児。


で、一緒にお刺身を見ていると、
「あ!手巻きがいい!」と言い出した。

お、お、おう・・・
お腹の調子がいまいちなんですけど、母さんは・・・。


「まぐろに~♪いくらに~♪」
って、58歳児は完全に脳内が手巻きに変換されてしまっているし、じゃあそうしようか、と。


いつもの魚がおいしいスーパーに移動して、
『まぐろづくし』なるパックを発見。
これがまあ、ほんとおいしそうでね、スーパーの魚売り場レベルでは無い。

ここのスーパーはほんといい魚置いてる。
(すごく小さいスーパーなのに生け簀があって、今の時期ならそこからすくってハモ捌いてくれたりするんだよー。)

私の今のお腹に入るかどうかはさておき、あまりにもおいしそうなのでカゴに入れ、
あとは夫と娘の要望を聞いたら、




p9170617a
っごい量になった。
手前の一皿全てまぐろ。まぐろづくし。






p9170617b
どう見ても、3人で食べる量ではない。







170617c
中トロに
本まぐろに
中落ちに
きはだまぐろ
切り落とし。





170617d
サーモン、
はまち、
いくら。
あとは私用の、とろろおくらと刻みしば漬け。




あの食のほっそいほっそい、食べるのが遅い58歳児が、ものすごいスピードで食べる。
めーちゃくちゃ早いし、すごい量を食べる。
好きなものは、本当に早い。




母さんはこれ。
p9170617g
とろろおくら、しば漬け、貝割れに胡瓜に大葉。
まるで精進料理。

「うーん。うまーい♡」






何もこっちで買えばいいのに、東京旅で唯一買ってかえったもの。 
p9170617f
sghrのビアグラス。
フロストブラックがたまらなく男前。

この無骨なシルエットが、ストウブとも相性良さそうだなー。と思って。




 
Sghr | skal (スコール) 340ml フロストブラック
Sghr | skal (スコール) 340ml フロストブラック








p9170617e
「うん。おいしい。」
「うん。いける。」

ばくばく食べる娘を見ていたら、母さんもつられてばくばく。

あれ?
私、すっごい食べてるやん。
食欲、


戻ってるーーー。



なんだかんだで、すっごい食べました。
2本目開けて「開けるんじゃなかった・・・」と、ちょいと麦酒は後悔しましたが。






p9170617h
おいしいごはんをおいしく食べる。

やっぱこれが1番!



↓だね!のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓



しかし、酒量は一体いつになったら戻るんだ・・・








p9170616a
*秋刀魚の開き干し
*豚と大根の照り煮
*豚汁
*和風トマたま炒め
*もずく酢




胃腸老衰で過ごした東京3日間でしたが。
最終日のおひとり様満喫デーは、とうとう何も食べず。でした・・・。

朝にロイ○ホ(伏せろ)でアイスコーヒー飲んだ以降は、伊丹空港に着いてから食べに行った、20時頃のくら○寿司で食べた5皿が最初。


なんなんだこのデリケートさ。泣

家に戻ってからもまだ不調が続いていまして。
以降、ほんっとに地味。まさに地味っていうご飯続きです。




↓これ↓は帰ってきた翌日だったかな。
p9170616i
日本海直送の干しハタハタ。
発泡スチロールに入ってるだけでテンションあがって買ったやつ。

実際、甘みがあっておいしかった~。
やっぱ日本海の魚は最高だねえ。





東京旅でまるこさんに頂いた干し海老は、
p9170616j
だしを取ってあっさりにゅうめんに。




そして同じくあきさんに頂いた浅漬けの素。
p9170616k
病んだ胃腸に優しくおいしい。




そして、冒頭の写真。
ハタハタに続き、秋刀魚の開き。

もうね、ほんとに地味がいい。ちょうどいい。病んでるね。病んでますとも。


そんな秋刀魚の開きって。写真撮るの難しくない?
魚の中でも断トツで撮りにくい。長いんだよてめえ。

なので、
秋刀魚をカッコよく撮って見たらこうなった。

なんか、
“やる気満々”の秋刀魚になった。 










p9170616b
何この写真。






p9170616c
大根と豚のてりてり煮は、ストウブブレイザーで。
煮物系はココットよりも、底面積の広いブレイザーを使うほうが絶対いい。





p9170616d
豚汁は2日目。連日地味。






p9170616e
トマたま炒めは麺つゆを使った和風仕上げ。







p9170616f
このもずくも、ハタハタと同じく発泡スチロールで売られていたもの。
太めでしこしことしっかり歯応えのある、美味しいもずくでした。





ご飯はもちろんストウブココットdeゴハンで炊飯。
p9170616h
Mサイズ・2合炊飯でも、おかげさまであの炊き方で毎回ピッカピカ炊きです。

おっと。今これ書いていて気がついたわ。
「この新・炊き方でするとふきこぼれる」とのお声を頂いていて、それの対処法の記事をまたアップします!
って言っていたわね私。

すこーんと忘れていたわね私。

はっはっはっは

また近々書きます!
今度こそ本当に。待っててえ~~~。




p9170616g

娘が「お肉食べたいな~」って言い出したので。
今夜は頑張ってがっつり系にしましょうかしら。 

で、またうん○こ出なくなる・・・。



↓だから伏せ字!のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログ ストウブ料理へ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓





う○んこ?









いつだったっけな。

4日ほど前だったかな。

分かんないや、まあいつでもいいや。ど――でもいいや。

そんな適当なとある日の晩ご飯。

たぶん写真撮るだけとって、あまりにも見た目が“アレ”だったので、
ボツ記事にしようと思っていた日の晩ご飯。


を、あえて載せてみるの巻。



すごーく地味だよ。
すごーく茶色いよ。



p9170609a
ほーら地味。

*えてかれいの塩焼き
*水菜と薄揚げのサラダ
*砂ずりおろしぽん酢
*にゅうめんおすまし
*冷奴



なんの特記事項も無いおかず達。


p9170609c
魚が食べたいー。と思って、いつもの魚の種類が豊富なスーパーへ。

立派な、身厚なえてかれいが3切れで売っていたので、こりゃあいい!
(3人家族なのでね、2切れだったら迷うのいつも。)

『塩焼きに最適』
って書いてあって、まあそれはもちろん目に入ってるんだけども。

魚屋売り場のおっちゃんにあえて聞いてみた。





「これって煮付けと塩焼き、どっちがおすす・・・」
焼き。」

すんごい食い気味に。
剛速球でお答え頂きましたー。はいどうもー。



『塩焼きに最適』って書いてるのに聞くな。
と、おっちゃんの顔に書いてありました。はっはっは






p9170609e
「ずーりーーー♡♡ずり唐ーー♡♡」

誰とはもう言いません、猛烈に喜ぶ人が約一名。声がピンクになってましたよ。






p9170609d
あとはもう、水菜と薄揚げとベーコンのサラダだったり、






p9170609f
にゅうめんのおすいものだったり、







p9170609g
やっつけ冷奴。







p9170609b
以上、ボツ記事予定だったご飯をあえて載せてみましたよ。
な、ご飯でしたー。





↓茶色いご飯はうまいんだ。のポチなんぞ↓
にほんブログ村 料理ブログへ


↓読者登録してくれたら嬉し。↓




白もおいしいね。
緑もおいしい。
赤もおいしい。

あと、・・・・・・


もうええわ











↑このページのトップヘ